小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この季節がやってきました
何の季節かと・・・。
それは『性教育』ですw
この言葉をタイトルにすると 
アクセス数が 意に反して ぐ~んとあがるので
やめておきました。
いつも読んでくださる方に伝わればいいので。

本校では3学期に 性教育や命の学習があります。
時間割を見て 私も その2つを読み聞かせに取り入れています。


以前にも書きましたね。
http://rarian.blog69.fc2.com/blog-entry-418.html


いのちのおはなし

「いのちのおはなし」 日野原重明/文 村上康成/絵 講談社
 

当時と同じように 聴診器を使っての 読み聞かせをしています。
自分の心音なんて お医者様に聞かせても 自分が聞く機会ってないですよね。
だからこそ 子供たちは興味津々。

子供たちの心音は トントン聞こえ
年を取っていくとだんだん ドンドンと低い音に変わるそうです。

学校での比較は 難しいものがありますが
担任の先生や私など 身近な大人と比べて 
自分の心音を聞くのも 興味がそそられます。

友達同士で 聞きやっこするのもいいですね。
好きな子に聞かれたら 心音が早くなるかも?(笑)

性教育は 露骨に読み聞かせするわけにもいかず
まあ 露骨に書いてある本も含め 読み聞かせに値する絵本は
限られてしまうのですが 赤ちゃんの誕生的なものを読み聞かせします。

赤ちゃん時代の記憶なんて 子供たちにはないわけですから
母親のおなかの中にいるときの様子 生まれる瞬間の様子 家族の喜びなど 
ご両親への思いが強く感じられるものを選び 読み聞かせしています。


授業の妨げにならない程度の関連性のある絵本を読み聞かせると
子供たちもしっかり受け止めるようです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1718-35fbcbaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。