小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


学校図書館をよりよくするためには 大きな力が必要です
学校司書や学校図書館にかかわる人々が
どんなに学校図書館をよりよくしたいと思っても
やはり限界があります。
所詮 力のない人間です。
大きな力なしでは どうすることもできません。
年を追うごとに その限界が どんどん狭まっていることを
強く感じます。

今回の「地域活性化交付金」もそうですが
そういう国の施策でもなければ 
学校の中でも学校図書館には なかなかスポットライトがあたりません。

学校内のあらゆる施設が整っていなければ
じゅうぶんに恩恵を受けられない子どもたちに被害が及びます。
子どもたちには教育を受ける権利があり
教育の手助けのひとつに学校図書館があるわけですが
そのように認識されている人が 行政にどれだけいるのでしょう。

表向きばかりを整備して 子どもたちの大事な学習の場をお座なりにしているようでは
子どもたちの教育を受ける権利も 十分に遂行できているとは思えません。

自治体が財政難というのなら 議員の数や報酬を減らしましょう。
無駄な公共工事を減らしましょう。
何度も同じ箇所を掘り返す工事を減らし 
無駄が生まれないように工事を計画すれば
無駄に税金を使うことは減るのではないでしょうか。

未来を担う子どもたちにつぎ込むお金が削られるのは
子どもたちの未来を奪うのと同じことです。
何が必要で 何が不必要か 
行政は 必要経費の取捨選択を 
真剣に考えるときが来ているのではないでしょうか。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1700-81ba527a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。