小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


図書館便り作成で気をつけなければならないこと
学校司書の皆さん 図書館だよりは発行されているでしょうか?
毎月だったり学期毎だったりと 様々でしょうが
図書室が唯一アピールできる貴重な情報誌。
とてもお忙しいとは思いますが これも司書として大切なお仕事。
お仕事には 当然プロ意識をお持ちでしょうから
図書館便りの発行は プロとして当然の義務。
回数は少なくても 必ず発行し
図書室の今を 親御さんにアピールしてほしいと思います。

図書館便りの内容には 私自身も毎回頭を悩ませるのですが
毎回必ず 自分の中でテーマを決めて
そのことを中心に 構成していきます。

とは言っても テーマとしたことをだらだらと書いても
(書かなくても?)じっくり読んではもらえません。
伝えたいことを端的にまとめた短めの文章が
意図したことがもっとも伝わりやすいです。
伝えたい言葉には強調文字を使うと効果的です。

あと よくありがちなのが 本の紹介です。
紹介者は司書だったり 先生方だったり 図書委員だったりします。
紹介する本は 購入したばかりの本だったり おすすめ本だったりします。
特に 長期期間前のおすすめは効果的です。

いろいろな話題を提供するのに活用したい図書館便りですが
その図書館便りを作る中に タブーとされることもあります。
人権的配慮や個人情報の流出の観点などからも
個人名を記載する際は 細心の注意が必要です。

例えば 読書感想文などの入賞者の紹介に名前を記載するのは
特に問題はないと思いますが 学級名まで記載するのではなく
学年と名前程度に留めておいたが良いでしょう。
しかし きちんとした判断基準はないので
その都度 管理職に確認の上 記載するのが 得策と言えるでしょう。

逆に 載せないほうが良いと思われるものとしては
学級ごとの貸出統計など 
学級で順位を競うと思われかねないものは 避けたがよいでしょう。
絶対的に載せてはいけないということではありませんが
学年ごと程度の大まかなところで留めておいたが無難です。

担任の先生方それぞれに考え方も違いますし
様々な理由で 図書の時間を取れないということもありますし
気持ちに余裕のない先生もいらっしゃいます。

それが広報という形で明らかになると
こちらとしては 趣旨はそうでないにしても
責められているような気持ちになる方もいるので
学級ごとの数字は出さないほうが賢明です。

ですが まったく載せないのも・・・と思われるかもしれません。
ですので 学年ごとの貸出冊数の記載であれば 
他学年とは比べようがありませんので良いと思います。
学級ごとの数字は 職員にだけ別に配付すれば問題もなく 十分だと思います。

それから 図書館便りには 挿絵も重要です。
文字ばかりの便りでは 読む気になりませんよね。
せっかく作った便りですから ぜひとも読んでもらいたいので
いたるところに 挿絵を使うと 堅苦しくなくよいですよ。

一昔前は 学校図書館のイラスト集が あまりなく
手書きで書いていましたが
近年 学校図書館向けのカット集が刊行されたり 
インターネットで手に入れたりできるようになりました。
少年写真新聞社の図書館ニュースなどを購入している場合
サイトのイラスト集を自由に使うことができます。
なお 利用の際は 利用者登録が必要です。(登録無料)

SeDoc(少年写真新聞社) http://sedoc.ne.jp/

カット集も活用して 楽しい図書館便りを作ってください。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1696-b074a6b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。