小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2学期の勤務が終了しましたが それでは正直困るんです。
終業式で 2学期の勤務が終了してしまいました。
ホントに「しまいました」です。
正直 困るんですよ。終業式で終了だなんて。

終業式まで 当然 図書室は開いています。
当然 貸出もしています。
冬休み用図書の貸出に休んでいた子どもたちが
終業式に来ていれば 貸出をするわけですから。

そうなると 当然 統計の締めは
冬休みに入ってからでないとできないわけですが
終業式で勤務が終わるとなると
何が何でも この日で締めて 数字を出さなくてはなりません。

出さなくてはならない?
まあ 考え方の問題ですので 
出さなくてもいいんじゃないの?という方もいるでしょう。

私としては 各学級の貸出状況を 全職員に配付することで
何かを感じ取り 次学期に生かしてほしいという思いがあり
何が何でも 学期末に配ると決めています。
それも 学校司書の大事な仕事の一つだと考えています。

ですが 数字が全てではないと思います。
なので 配付する際に そのことも伝えます。
数字は目安でしかありませんし 比べるものでもありません。
高学年になるにつれ ページ数も増してきますし
数字からは 本のジャンルも見えないので
漠然としたものしか 得ることはできません。

しかし 何かしら「目安」はないと
ただ「読書の推進」を訴えても 伝わりにくいものがあります。
その目安の参考になれば・・・というだけです。
ですので 大まかな統計を図書館便りで広報しても
細かい統計を表にだすことはありません。
テストの成績と同じですね。
判断基準というのは必要です。

展示架も クリスマスモノを撤去し お正月モノに替えました。
そして 3学期の準備を。
蔵書点検の計画も 学期初めの職員会議で提案しなければならないので。

それから 子どもたちが居ないときこそ仕事がはかどるので
ここぞとばかりに やりたいこと やっておきたいことが 山のようにあります。
子どもが居ないときは 教員と一緒で もっとも貴重な時間なのです。


こうやってバタバタと最終日を終えましたが
残務整理は いかなる職種にもあるわけですから
「終業式で子どももいなくなるから ハイここまで」では とても困るということを
管轄行政機関も 少し頭を働かせていただきたいものです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>ずずさん
いえいえ。
一昔前はなんでもなかったことが 
今はちょっとしたことでも問題視されることもあるので
ずずさんの好意が あだとならないよう
老婆心で言わせていただきました。恐縮です。

それから 図書館便りのタブーは
実際の失敗体験や これまでの経験から得たものをもとに書いてみました。
あれもこれもダメというのも楽しくないので
表現の仕方など工夫しながら 伝えるべきことは上手に伝えていく技量が必要だと思います。
私もまだまだですw
【2010/12/27 23:54】 URL | らりあん #-[ 編集]

ありがとうございます。
そうですよね。軽率でした。
図書館に来た子が下校した後に、学校へ戻られた担任の先生に報告したら
「あらそうでしたか~?まぁ心配要らないでしょう」
くらいの軽い返事だったので、大丈夫かな?って思ってました。
3学期に入ったら、管理職の先生に次回起こった場合の対処方法を確認しておきます。

それから図書館便りは私タブーだらけの内容ですね。
もっと研究します。

いろいろとアドヴァイスを有難うございました。
【2010/12/27 20:39】 URL | ずず #-[ 編集]


>とある方様(笑)
仰るとおりです。まずは現場に来て判断していただきたいものです!!
切にそう思います。まさに同感です!
【2010/12/26 22:38】 URL | らりあん #-[ 編集]


>ずずさん
図書館便りの内容については 今日のお題に使わせていただきますね。
そちらを読んでいただければと思います^^
【2010/12/26 22:37】 URL | らりあん #-[ 編集]


>ずずさん
貴重な時間を奪われるとがっかりですよね。
でも 今回のこのお子さんが学校に残って(戻ってきて?)図書室で過ごしたことは
少し問題だったのではと思います。

さよならした後 もしくは 下校後のことですので
図書室に残す前に 管理職に相談し
管理職がいなければ ずずさんがご自宅に連絡をいれ
連絡がつかない場合は 留守電に 事情と所在を残しておくほうがよかったかもしれません。

担任は当然下校していると認識しているはずから
もしも 親御さんが いつまでも帰宅しないと大騒ぎになってしまったら おおごとです。
このご時世ですから 今後のためにも
今回のことを担任と管理職に報告し 
今後またこのようなことが起こった場合の対処法を 確認しておいたが良いと思いますよ。

【2010/12/26 22:31】 URL | らりあん #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/26 11:04】 | #[ 編集]

スミマセン、自分のことばかりで☆
毎度のことながら、自分のことばかり書いてしまって、ごめんなさい!!

図書館便りに毎月、たくさん本を読んだ子の名前を載せていたのですが、誰の目に触れるかわからないので、個人情報は載せないように言われました。

先月は初めての試みで、9~11月分のクラスごとのトータルの貸出数を載せたところ、貸出数の少ないクラスについてヒンシュクをかってしまったようで、印刷前にチェックしていただいたはずの教務の先生から
「今後はこういう情報は載せないほうがいいようだ」
そう言われました。

教務も今年から赴任していらした先生なので、勝手がわからない点がいろいろあるようです。

図書館便りって、図書館からのお知らせと、本の紹介など、差しさわりのない内容でまとめるべきなのでしょうか?
【2010/12/26 07:47】 URL | やずず #-[ 編集]

終業式の午後
廊下や室内の展示をクリスマスからお正月に帰るため、終業式が終わった午後、せっせと作業していたら、低学年の女生徒が「クリスマスパーティが終わって帰ったら、誰もいなくて家に入れないの。本を読んでもいいですか?」と入ってきました。

学校中のほとんどの先生がお葬式出席のため出かけていたので、相談もできず、家に入れないと言う子を追い返すわけにもいかず、「静かに本を読んでね」と許可したところ、私についてまわって話しかけてきます。
邪険にもできず、結局展示はか~な~りやっつけ仕事になってしまいました。。。彼女は私の勤務終了の30分前までいました。
「先生、もう帰ってもいいですか?」と、帰って行きました。…もっと早く帰ってもよかったのよ~~~。

貴重な時間だったのにな。。。
【2010/12/26 07:33】 URL | やずず #Zr2/WiYY[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1695-98d5bae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。