小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何か言うことはないの?
未返却の子どもたちが 担任に促されて
あわてて本を返しに来ます。

返却期間もずいぶん過ぎているのに
そ知らぬ顔で こっそり返却している姿を目にします。


それでいいの?


担任の先生も何も言わないのでしょうか?


黙って返すのはどうかと思います。
返却以前に もっとも大切なことではないでしょうか。

黙って返している姿を見つけたら
容赦なく 冷たい「愛の言葉」をかけます。


「なにか言うことはないの? 黙って返していいの?」


それでも 何食わぬ顔で 返却している子どもも居れば
びくっとして立ち止まり 振り向き ばつの悪い顔をする子もいるし
これはマズイと 即効で反応する子どもいますが
きっちり 最初から謝る子どもは ほとんどいません。

延滞しても 延滞料ですむ世の中です。
延滞した人がカウンターで謝罪している姿は見かけませんし
また レンタル禁止などの手厳しい罰もありません。
だから 本を延滞しても 申し訳ないという気持ちは 
まったくわかないのでしょう。


ですが 私は見過ごすことができません。
「謝罪をする」という謙虚な気持ちを持つことは
大切なことだと思うので その都度呼び止め
すべきことは何かを 子ども自身に気づかせ
自分の言葉で言わせるようにしています。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>ふのよかさん
「借りたものは返す」は 図書に限らず何でも当たり前のことですが
当たり前のことが当たり前にできないという状況に
くじけそうにもなりますが それでも言い続けなければなりません。
ルールは守るためにあるのですから。
【2010/12/24 00:08】 URL | らりあん #-[ 編集]


大変ですよね返却の催促というのも・・・
でも、これも担任の仕事のうちですから
私が図書室にいたころは、図書館だより
にもお知らせしたりして、(保護者にも
問題あり)催促お知らせ用紙を担任に
速め速めに渡してました。
決して、あきらめず一冊残らず
返してもらいます!と断言して(^_^;)
【2010/12/23 21:05】 URL | ふのよか #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1689-e7143c30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。