小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


足を運びたくなる図書室に・・・⑤
②図書室の中以上に外にも力を入れる。
もちろん 図書室の中の工夫も必要ですが 
中学生ともなると 小学生のように 無邪気に図書室に飛び込んでは来ません。
図書室を覗いてみようかな? 入ってみようかな?と思わせる工夫のひとつに
校内の壁面の利用があります。

まずは 子どもたちが 頻繁に行き来する場所を特定します。
生徒玄関はもちろん 怪談も頻繁に利用するでしょう。
そういう場の壁面に目を留めるような掲示物を作るとよいですね。

しかし ただ本の紹介を記しても 読み流すだけに終わるかもしれません。
子どもたちが目に留め 記してあることに惹きつけられ
自然と図書室に足が向く そんな掲示物となると 一工夫が必要です。

すべての掲示物を読んだら いつの間にか図書室に着いていた・・・
そんな風に作ってもいいですね。

インパクトのある言葉を記し それってどういうこと? と思わせ
その答えは 図書室にある・・・という形も良いかもしれません。

答えが気になって仕方がない 図書室に行かなくては・・・と思わせるような何か・・・。
すいません。中学校の経験がないので どのようなことが中学生の心を捉えるかは
浮かびませんでした。
ちょうどこの時期 進路の頃だったり 緊迫した北朝鮮と韓国のことだったり
事業仕分けのことだったり・・・。
何かしら 転がっているように思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1678-d1d86bc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。