小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


足を運びたくなる図書室に・・・①
タイトルについて・・・。
まずは みなさんの学校での工夫や実践で 
これは良い方法というのがありましたら 教えてください。

1回目は 私の実践からいくつか。
これまで 大・中・小規模校と経験しました。
そこで思うのは 大中小 それぞれに方法が違うということ。
大規模校での実践は 小規模校では 大々的過ぎるし
その逆だと 物足りないということがあります。

ですが どの学校でも共通することがあります。
それは 子どもの話に しっかり耳を傾けること。
これが一番 集客に繋がります。
本を読ませること 貸出冊数を増やすことは 二の次にして 
まずは 図書室を子どもたちが気軽に訪れることが出来る場にすべきだと思います。
その根底にあるのが 子どもの話をしっかり聞くことなのです。

子どもとの距離が縮まれば 子どもたちの考えていることや
今 子どもたちに どんな本を読ませるべきか どんな本を欲しているのか 見えてきます。
そうなると 子どもたちを惹きつける本が おのずとあがってきます。
だからといって 子どもたちの要求をすべて聴く必要はありません。
一部を購入し 新しい本に子どもたちの目を向けさせます。

この方法だと読みたい本が見つかった子どもたちは 読んだり借りたりできますが
それも ごくごく一部なので まだ完璧とは言えませんね。




FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓


スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1674-a79ab142
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。