小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨年度比4千冊増
本年度の貸出が 先日2万冊を超えましたが
増加はとどまることを知らず 本日ついに2.1万冊を超えました。

昨年度 赴任1年目は ある程度の覚悟を持っていました。
人馴れしていない子どもたちのことですから
貸出冊数にも影響があると思っていたら 
案の定 結果は前年度1000冊減。

今年は 馴れたこともあり 今の時点で 2万冊を超える状態。
2月末の蔵書点検まではまだ時間があります。
まだまだ借りられることでしょう。



ところで 大事なのは数字ではありません。
数字は 目安に過ぎないことを 忘れないでください。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>keep9さん
数字だけなら そうですね。
子どもの要求に応えた本を購入し それを貸出すればいいだけですよね。
けれど 調査は必ず 数字を求めてくる。
不読者数 利用者数 貸出冊数・・・。
何を持って不読者というの? 利用者の基準って?
貸出冊数イコール読書?

eep9さんが仰るとおり。大事なのは心の成長記録。
読書を通して どれだけ心が豊かになったのかは
自分の読書の足跡で知ることができます。
「読書のあゆみ」ステキですね。
子どもたちの声が楽しみです。
また教えてくださいね。



【2010/11/27 00:09】 URL | らりあん #-[ 編集]

数字を増やすだけなら確かに
 マンガを貸出すればいい、ということになりますし(笑)。統計上はそれも1冊カウントですからね。

 読む本の内容が個々人でステップアップしていっているかどうか、というのは、やっぱり生徒とのふれあい・話し合いからでしか分からないだろうと思います。

 卒業のとき、生徒には「読書のあゆみ」冊子で今まで借りた本の一覧記録を渡しますが、3年間の道程が全てそこに見えて来そうで楽しみです。
【2010/11/26 10:10】 URL | keep9 #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/11/25 18:31】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1673-12883075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。