小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


図書の時間というものはありません
ある学級の図書の時間は 小テストをしてから始まります。
小テストに合格した子どもから 図書室にやってくるので
最初に けじめの挨拶もできませんし
もちろん 読み聞かせも始めることができません。

いつものパターンだと 全員がそろった頃
担任がやってきて 担任の声で 今やっていることをやめ
読み聞かせの体制に入ります。

みなさんは どう思われますか?

口にこそ出しませんが 図書の時間を軽く見ているとしか思えません。
ほかの先生が その学級で耳にしたそうですが
「図書の時間というものはありません」と 子どもたちに言ったそうです。
子どもたちにとっては 楽しみな図書の時間なので 当然 がっかりモードだったそうです。

確かに 図書の時間という教科はなく 先生が言われるのは正しいのですが
だからといって この言い方は 言葉が足りない気がします。
「図書の時間は 国語の時間の一部」だとか 言い方があると思います。

図書の時間がないという言い方をされるようだから
図書の時間を 軽く見ているのかなぁと思います。
この学級の図書の時間に 読み聞かせの本を選び 準備していたら
結局来なかったということが 何度もありました。

かと思えば どうせ来ないだろうと思って 自分の仕事をしていると
突然 内線電話が入り これから来るとの連絡で
慌てて 読み聞かせの本を選んで 待っていると
結局 今日のように ぱらぱらやってきて
ようやく全員そろった頃には 残り5分しかなく
読み聞かせができなかった ということもあります。

いわゆる 「振り回され」状態です。

先生方が授業の準備をされるように 私たちも 準備をしているのですが
やはり 軽く見られているのでしょうね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>simizuさん
はい、同じクラスですw
そうそう、思いが通じない。
時数確保、学力保障 よくわかります。
でもでもでも 人間形成において 創造力や想像力、
豊かな心を育む事だって とても大事なことですよね。
学力の根底には 読解力。
読解力をつけるには 何をさておきまず読書。わかってほしいですね。
【2010/11/23 16:44】 URL | らりあん #-[ 編集]


>しぶちゃさん
わかります、わかります。
読み聞かせの対象は 子どもたちだけではないんですよね。
担任を含めた子どもたちなのですが なかなか伝わらないようです。
読み聞かせをした本を通して 担任と子どもたちの間に会話ができたり
考えることがあったり 繋がりがあったり・・・ いろいろと共有してほしいんですよね。
忙しいのはわかりますが 担任も子どもたちも わずか10分足らず。
のんびりお話を聞いて欲しいです。

お互い 凹む事が多々ありますが ここで吐き出してw
負けじと頑張りましょうね^^
【2010/11/23 16:33】 URL | らりあん #-[ 編集]

大抵、同じクラスですよね^^;
うちはまずは、読み聞かせ→返却貸出の順なので
この、小テスト必須クラスは同じ状況かつ、
ずーっと読み聞かせしていない状況です。

この、国語の時間という概念もくせもので、
理想的には、たまには社会とか理科の時間として
利用しに来て欲しいなぁと思っています。
思っているだけじゃなく一歩を…
などと理想は言いますが
現実的には、まずは担任一緒に来てくれよー!
からの状況なんですよね。はぁ
【2010/11/23 15:34】 URL | simizu #PDrP5gew[ 編集]

こんにちは
「図書の時間」はあるとおもいます!!

うちの小1の下の子はなにより図書の時間を心待ちにしています。らりあんさんのように、読み聞かせをしていただける図書室ではないのですが、本を自分で探して読める時間が楽しそうです。
特に、低学年は図書の時間でないと図書室に行ける機会はないので、図書の時間がなくなると
「あの本さがしたかったのに・・・」とぼやいております。

先日、別の小学校の3年生におはなしの会でうかがったのですが、1クラスの先生は後ろでノートを広げておられました(前回のように採点のペンの音はひどくはなかったのでいいのですが)。
もう1クラスの先生は、途中から出て行かれました。残念だったのはそこのクラスの子供が帰ってきた先生に「おもしろかったよ!」と報告していたのです・・・「そうか~」と言われたのですが、先生と生徒、同じ時間を共有してほしかったです・・・。

私事でもいろいろあり(先日は失礼いたしました・・・)凹みっぱなしですが、
子ども達とおはなしや絵本の時間は確保できるよう、できるだけ頑張りたいとおもうこの頃です・・・。

【2010/11/23 07:23】 URL | しぶちゃ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1671-b3e34bff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。