小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビデオ撮影 ほどほどに
学校行事にはいろいろありますが
数年前から 月に1回ほど 学校を公開する日が
どの学校にも設けてあります。
一般に オープンスクールというようですが
授業参観のように堅苦しくはありません。

また 親御さんだけでなく 地域の方々も来校でき
1日もしくは半日 学校を公開し
その時間の中で 都合の良い時間に
授業や子どもたちの様子を参観することができます。

というわけで 学校には現在
授業参観やオープンスクール 運動会や音楽会
そして学習発表会と 親御さんが来れる学校行事があります。

運動会や音楽会 学習発表会で 親さんがビデオを構える姿は
珍しくもなく 当たり前のようになってきました。

加えて 最近は 授業参観を撮影する姿も
多く見かけるようになりました。
授業参観に参加できない家族のためだったり
子どもの歴史の一部に残すためだったり
親さんも一生懸命撮影されています。

しかし 近頃 その様子も 度が過ぎているようで
目に余るものが多々あるように聞きます。

例えば 授業中に 我が子に近づいて撮影したり
周囲の子どもたちに構わず 
近くの子どもの机上にカメラを構え 我が子を撮影したり
こういう場で 担任が対処に困ることをわかっていても
注意は出来ないだろうと思ってか それを良いことに 
どんどんエスカレートしています。

我が子が目の前で頑張っている姿を見て 拍手をしたり
親さんを見つけてにっこりする姿に 笑顔を返したり
そういうことをすることもなく 
音声が拾われないように静かに 黙々と撮影にいそしむ姿は
どうなのかなぁ・・・と思ってしまいます。
この場で 一番 大事にしなければならないことは
いったいなんだろうと。

運動会などでの 撮影マナーが決して良いとはいえませんが
良識ある大人の守るべき最低限のマナーは遵守していただかないと
学校側が苦言を呈することも 今後ありうるかもしれませんし
最悪 制限を加えられることもあるかもしれません。

学校の意義 親としてのとるべき態度
そして 何より 子どもたちのために 
今一度自問してみていただけると幸いです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校行事 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>河井いろりさん
レスありがとうございます。
>ちなみに、今日新聞で読んだ話なのですが、アメリカでは図書館を「知的媒体の中枢」として重んじる傾向があるらしく、学校の図書館は「我が校の心臓」と尊ばれるそうです。日本もそうなって欲しいものですね……。
そうですね。このことはよく話題にします。
教育の中心に図書館を据えて 図書館の活用率はどれだけあがるかと。
とはいっても 日本ではなかなか そうはいきませんよね。
【2010/11/03 01:57】 URL | らりあん #-[ 編集]


> 近くの子どもの机上にカメラを構え 我が子を撮影したり

 これはひどいですね……。幸いまだそんな保護者に会ったことがありませんが、いたら面倒でしょうね……。

 ちなみに、今日新聞で読んだ話なのですが、アメリカでは図書館を「知的媒体の中枢」として重んじる傾向があるらしく、学校の図書館は「我が校の心臓」と尊ばれるそうです。日本もそうなって欲しいものですね……。
【2010/11/02 22:58】 URL | 河井いろり #OjelYWE.[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1650-385fb806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。