小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私たちの研修の場を奪わないでください
非正規職員だから? あれこれ締め付けにあっています。

非正規職員に研修など必要ないと思われているのか
どんどん厳しく 出にくくなってきています。
学ぶ場がないと 質の向上も目指せなくなります。
外からの刺激を受けて気づくこともありますし
学ぶこともあります。

司書の仕事は ただ 目の前の仕事を淡々とこなせばよいものではありません。
子どもたちに 本を与えるという使命と責任があります。
言葉一つにしても 与える影響は大きいですし
調べ学習にしても どのようにかかわっていくか
その方法を学び得る機会が 研修です。

その研修への参加が 年々削られています。
学校図書館の充実 読書の推進 いろいろと掲げられているにもかかわらず
司書の質の向上は どうでもいいのでしょうか。
司書の質の向上があって 学校図書館を良くしていくことができるのです。
なのに どうして その機会を奪われてしまうのでしょう。

研修などへの参加を削られていくから
昨日書いたようなことも 起こるのだと思います。
司書にも学ぶ場がないと 知識もひとりよがりになり
間違いや過ちを正すこともできません。
他校の実践を 自校に持ち帰り 形にすることで
私たちも進化し 子どもたちに よりよいものを提供できるのです。


どうか 私たちの学ぶ場を奪わないでください。
そういう場に参加する私たちを 温かく送り出してください。
私たちが学びえたことは 子どもたちに還します。
だから もう少し 理解して欲しいと思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1641-715098c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。