小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


非正規採用の学校司書の仕事。このまま続けていくべきか。
とある方から寄せられたお悩みです。
学校司書の多くは 非正規採用の現状。

一人職種で膨大な仕事量 その割には薄給。
非正規なのだから 雇用はもちろん不安定。
雇用保険以外に 何の保証もなく 退職金さえも出ません。

来年度の雇用があるかどうかびくびくしながら仕事をする日々。
頑張っても 非正規だから認められない辛さ。

それでも 頑張ることができるのは この仕事が好きだから。
やりがいのある この仕事が好きだから
どんなに辛いことがあっても 同じくらい 楽しいこともあるから
辛いことや苦しいことに蓋をして 子どもたちのために頑張っているのです。

でも 学校司書は 一人職種です。
校内に 司書の仕事の大変さをわかってくれる人 
非正規で弱い立場の司書の 味方になってくれる人が身近にいてくれたら
私たちは 救われるのかもしれません。

非正規だからといって 仕事の手は抜きませんし
非正規のわりには 責任が重いと思われるようなことでもやります。
でも 雇用改善とまでは いきません。

ですが 現状でとどまっていては 雇用状況は改善されません。
私たちもそれなりの努力はすべきです。
言われるがままだと 諦めるしか道はありませんが
自分たちが頑張っているのであれば 
ありとあらゆる職員に その姿を見てもらいましょう。

見てもらうことで いつか雇用状況が変わるかもしれません。
でも この仕事が好きならば 続けたいと思っているのならば
自分から一歩踏み出すことが大切でしょう。
頑張っていればいつか認められるという前向きな気持ちを持ち続けることが大事です。
また 頑張っていることは アピールしていくことが大事です。
こういう努力は 仕事を続けるためにも 必要不可欠でしょう。

もし そのような気持ちが途切れてしまいそうであれば
心が疲れないうちに この仕事から退くべきなのかもしれません。
厳しいようですが それが 自分自身のためですから。
心身ともに傷ついてしまっては 這い上がれなくなってしまいます。

こんな偉そうなことを書いていますが
私自身も その気持ちの狭間を何度となく彷徨っています。
それでも この仕事を続けられるのは『この仕事が好きだから』 
ただ それだけなのですよ。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>catseyeさん
実態を知らないからそういわれるのでしょう。
多数の司書がいて 仕事が分担できる公共図書館司書と 
たった一人で担う学校図書館司書を 同じ枠で考えられているのでしょうね。
購入計画から受入れ、配架、貸出、環境整備などなど 一人でこなさなければなりませんし
学校は 対子どもですから 手が必要なときのほうが多いです。
子どもを無視して 自分の仕事だけ 淡々とこなしておけばよい職場ではありません。
また 学校行事にもかかわらなければなりません。

学校図書館に出向き どのような仕事をしているか知ってほしいですね。
なんとか足を向けさせることはできないでしょうか。
悔しい気持ちでいっぱいです。
【2010/10/24 14:55】 URL | らりあん #-[ 編集]


学校司書の身分・・・私もずっと考えていました。
先日、市立図書館の館長に司書で働きたい人を紹介して、と言われ、あまりの薄給さに若い人を胸張って紹介できないと伝えると、「今の世の中、給料なんてこんなもんでしょっ」と。
日本の司書の待遇をご存じなはずの館長がこれですもん、私、甘かったです。
扶養家族のままでいられる給料体系におさえることが、かえって行政の親切、思いやりといわんがばかりの言いようでした。
私は、と言うと、司書1年目ですので、なんとか「学校の人」になるべく、毎日努力しています。
【2010/10/24 13:10】 URL | catseye #-[ 編集]


>河井いろりさん
そうですよね。
正規職員だけで回らないけれど 高い賃金で雇えないから非正規がいるわけで。
でも 正規と非正規の仕事内容は さほど変わりなく。
特に 学校現場はそうですよね。
「責任」という点では 正規だろうが非正規だろうが 同じですしね。

本来 感謝されても 排除されるものではないと思うのですが。
「頑張っている人」を「認める」枠も 必要だと感じます。
【2010/10/23 22:23】 URL | らりあん #-[ 編集]

常勤講師もひどい
 教員にとって非正規雇用とは、非常勤講師と常勤講師の2つになると思います。
 非常勤講師よりある意味酷いと思うのが、常勤講師です。
 仕事の内容は専任教員と全く同じ。でも待遇はずっと低い。
 「がんばれば正規雇用するからね」という管理職の甘言にそそのかされ、むしろ専任以上によく働く。
 しかしほとんどが3年で雇い止めされます。
【2010/10/23 21:41】 URL | 河井いろり #OjelYWE.[ 編集]


>海豹さん
海豹さんのところでは 学校司書は超人気の職種ですか?
残念ながら こちらでは そうでもないですよ。
雇用も厳しいですし 賃金も安いですし
賃金の割には 仕事は大変ですし 夏休みは雇用が切れますし。
誰かが退職することになっても 人材が見つからないこともしばしばです。

なので 私は 好きなことを仕事にしやすい職業だとは思いません。
同じ国家資格でも 看護師や保育士さんのほうが 好きなことを仕事にしやすい職業だと思います。
看護師さんは病院以外でも 保育士さんも保育園以外でも 
司書に比べて 資格が生かせる場があると感じます。(あくまでも個人的観点で)
看護師さんは 特に 正規での採用が多い職種ですよね。

私たちの職業は むしろ 好きなことを仕事にするのが厳しい職業だと思いますよ。
司書職だけで生活していける人は 正規職員として採用されている 一部の方々だけで
非正規で働いている司書の多くは 厳しい雇用状況の中で働いていますから。

司書という仕事に更に上級の資格を設けても その根底にある雇用環境が変わらなければ 
何も変わらないのではないでしょうか。
付加価値をつける前に 付加価値を持った人間を必要とする場が必要なのか
必要であれば そういう人材を必要としている場があるのか
そういうことが もっとも優先すべきことではないかと 私は思います。
【2010/10/20 01:07】 URL | らりあん #-[ 編集]


>ずずさん
誰もが「わたしのこと?」と 感じたことだと思います(笑)
この先 私たちの雇用状況が良くなるか悪くなるか 私にもわかりません。
けれど 言えることは ただ一つ。
「私たちが声をあげなければ 変わるかもしれないことも変わらないということ」。

私たちの力なんて 微々たるものかもしれません。
でも 声をあげていかなければ 誰も気づきません。
私たちは弱い立場でも 大きな力が動いてくれれば いつか
もしかすると 変わるかもしれませんよ。
【2010/10/20 00:34】 URL | らりあん #-[ 編集]

頑張れば頑張るほど・・。
らりあんさんの仰っる現状はおそらく認知されています。だからこそこの待遇なのだと思います。

どこに行っても司書は超人気の職業ですよね。
>それでも この仕事を続けられるのは『この仕事が好きだから』
無給・ボランティアでもいいからやりたい、そんな熱意ある人の声もしょっちゅう聞きます。

これだけ応募があるということは司書は比較的、「好きなことを仕事にしやすい職業」なのかも知れませんね。

有資格者も沢山いるし、そうでなくても自ら勉強し、責任をもって業務を行える人員がすぐ見つかる。
ということですよね、雇う側としては・・・。
しかも公共性の高い場所です。あまり書くとうっとおしいでしょうからこの辺にしておきます。

司書という仕事にさらに上級の資格を設けたり、今以上の付加価値をつけられれば変わるのかも知れませんが。
【2010/10/19 20:48】 URL | 海豹 #-[ 編集]

もしかして私のこと??
「もしかして私のこと?」って本気で思ってしまいました。
凹みっぱなしの毎日ですので。

司書教諭と来年度の話をしながら、内心で「私はいないかもしれませんが…」などとつぶやいています。
とりあえず来年私がいなくなっても迷惑がかからないように、今、一生懸命に図書館内の整備を進めています。。。

先日、娘に「私も大きくなったら小学校の図書館の先生になるね」と言われ、少し元気をもらいましたが。。。

来年は少しは状況が読めるようになって、今よりは楽になるのでしょうか?
【2010/10/19 18:33】 URL | ずず #p6CkwyQg[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/10/19 17:17】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1636-93059227
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。