小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理不尽なこと
非正規職員だと 職務について理不尽なことが多すぎるように感じます。
というのも 学校に勤める非正規職員の職務範囲が明確でないからです。

一般の事務職であれば 職務範囲が ある程度はっきりしていますし
自分の職務を超えるような仕事が回ってくることは ほとんどありません。

しかし 学校というところは特殊で きっちり職務を分けることは 難しいです。
難しいからといって 蔑ろにされても困るのですが
馴れ合いになっている部分もあり 都合の良いときはまだしも
都合の悪いときは これでいいのだろうかと 首をかしげてしまうこともあります。

こんな状況でも 職務に線引きをしたいと思うのであれば
管理職や司書教諭とじっくり話をすることです。
雇い主が教育委員会なので 学校側が あれこれとチェックをするわけにもいかず
そのためか なあなあの部分も多く そのなあなあに どんどん理不尽なことが上乗せされ
いつしか さも当然のことであるかのように 物事が展開していきます。

気がつくと 正規職員に匹敵するくらいの 
責任のある仕事を背負わされていたりします。

非正規職員は 勤務時間が短いことが多いです。
だからこそ 仕事の中味の精査は 当然必要となってきます。

判断がつきにくいものもありますが 現在の職務、本来の職務を書きだして
一つずつ精査してはどうでしょうか。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/09/28 08:58】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1615-47d32ab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。