小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『ニッポンの嵐』について ご意見お寄せください
『ニッポンの嵐』の取り扱いについてのアンケート
46名の方々に ご協力いただきました。
ありがとうございました。

アンケートの結果は 以下の通りです。

禁帯出(館内閲覧のみ)              (21票/45.7%)
1冊貸出可 1冊禁帯出(館内閲覧のみ)    (6票/13.0%)
2冊とも貸出可                    (10票/21.7%)
対応検討中(保留)                 (4票/8.7%)
お蔵入り                        (1票/2.2%)
寄贈されていない                  (2票/4.3%)
教育委員会・管理職預かり            (1票/2.2%)
不明・その他                     (1票/2.2%)


禁帯出が おおよそ半分を占めていますが いずれの方法を選択しても
学校図書館にかかわる職員が 取り扱いに非常に苦悩した
あるいは 苦悩している様子がわかります。
大変ありがたい寄贈書なのに 複雑な思いですね。


コメントもたくさんいただきました。
私の不手際で 初日に投票くださった方々のコメントを
戴くことができませんでした。
申し訳ありませんでした。


以下が コメントの内容です。
更に 皆さんの苦悩が伝わってきます。

■禁帯出(館内閲覧のみ)
図書室に回ってきたのは1冊。もう1冊は何処へ。
「貸さない方がいいよ」と子供から言われました。
非売品というのが問題ですね。
職員室保管で、生徒には告知していません。
騒ぎ過ぎの感も無きにしも非ず。分類番号は?
様子を見て、1冊は貸出可にしてもよいかと
紀行291で登録しました。

■1冊貸出可 1冊禁帯出(館内閲覧のみ)
コメントはありません

■2冊とも貸出可
やたら特別扱いせず、紛失したらそれまで。との事。
とはいっても、1冊は職員の中で回し読み中です。
貸出期間1週間(通常2週間),返却時切り取り等確認

■対応検討中(保留)
司書教諭、管理職 協議中
旬を過ぎてから出そうかと思っています。

■お蔵入り
コメントはありません

■寄贈されていない
来た時の対応に悩む。他校の対応知りたい

■教育委員会・管理職預かり
コメントはありません

■不明・その他
1冊貸出し、1冊は禁帯出(館内閲覧でなく保管)


扱いについては 学校独自の判断でよいと思いますが
大事なのは 例えば 自校では閲覧可にしても
他校の所蔵や扱いについて むやみに話題にしないということです。
扱いは基本的に自由であるし それぞれの学校の考え方もあります。

置き換えれば 本校で購入した図書を 他校でも購入するかということです。
偶然購入することがあっても 必ずしも 同じ本が他校にあるわけではありません。
また『ニッポンの嵐』については 全国4万校に寄贈されたとなっていますが
全国の小中学校全部に寄贈したとは どこにも記されていません。
なので「出さない」という選択をし その言い訳に
4万校の中に入らなかったということにするのもありかと思うのです。

これまで寄贈された本は すべて 子どもたちに提供していたでしょうか?
子どもたちにそぐわないと思うものは 出さなかったという経験もあったのでは?
今回はたまたま メディアで取り上げられ 目立ってしまったため
このようなことになってしまいましたが 
メディアが騒がなければ 学校裁量で 静かに結論を出すことができたはずです。


これは 私独自の見解で これが正しい判断だというわけではありません。
いろんな考えがあって当然です。

みなさんのご意見やお考えなど コメントをお寄せいただければ
まだまだ扱いに悩む学校図書館職員の判断の目安になるだろうと思います。
どうぞよろしくお願いします。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓


スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>佳織さん
レスありがとうございます。
『ニッポンの嵐』 おもしろかったのですね。
二宮君のマリオ・・・とは ゲームのマリオでしょうか?
内容についてはどうでしたか?
日本の良さみたいなのは 伝わってきましたか?
どの地方のどのようなところが 興味を引きましたか?

児童・生徒の目線で どういう部分が良かったのか
読まれたのであれば ぜひ 教えていただけないでしょうか?
【2010/09/27 00:19】 URL | らりあん #-[ 編集]


私は学校で日本の嵐を見ました。

私の学校の生徒の中で1番最初に読みました。

とてもおもしろかったです。

ニノのマリオのやつが1番興味ありました。
【2010/09/26 11:55】 URL | 佳織 #-[ 編集]


>keep9さん
実際 私自身もまだ悩んでいますし 迷っています。
ほとぼりが冷めるまでとか 
あるいは オクなどの不正取引の状況をしばらく見てからと思ったり。
いずれにせよ いくら悩んでも これが正しいという選択はないので
とことん悩んで結論を出すもよし だと思っています。

私自身 このアンケートで戴いた回答は
とても参考になりました。
これらも踏まえ 私自身も 結論を見出したいと思っています。
【2010/09/20 13:18】 URL | らりあん #-[ 編集]

司書・司書教諭の判断が
各校ごとに違うのは当然ですね。

児童生徒のふだんの本の取り扱い方や貸出ルールの徹底具合などが各校ごとに違うのだから、最終的に閉架・開架の是非、貸出・館内閲覧の是非、全ては学校の実情を勘案した上での総合的な判断にならざるを得ないだろうと思います。

実際、うちの市でも対応は各校ばらばら。中学でもそうです。
【2010/09/20 08:46】 URL | keep9 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1607-698fefe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。