小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


児童虐待のニュースに胸が痛みます
児童虐待のニュースが 後を絶ちません。
ここ数日だけでも どれだけ耳にしたことでしょう。
その虐待の果てに悲しい結末があることも・・・。
虐待は犯罪です。

虐待を受けた子どもの傷を見たことがありますか?
見える傷は目も当てられなく 目に見えない傷は計り知れなく・・・。

子どもは親を選べません。
どんなにひどいことをあっても どんなにつらい毎日を送っても
子どもは 親にすがるしかないのです。
一人で生きる術はないのですから。

お腹に命が宿り 10ヶ月もの間 我が子が無事に誕生するよう 
愛情いっぱいで 成長を見守ってきて
そして この世に生を受け やっと会えたはずなのに 
育児の現実に遭遇し その気持ちを見失い 
思うように行かない子育て 自由にならないわが身に
わずらわしさを覚え その気持ちをぶつける場所がなく
気がつくと我が子にぶつけ 虐待していたのでしょう。

虐待を受けた子どもたちは 生きていれば その傷を一生背負っていきます。
そして その子どもたちが親になったとき
我が子に虐待してしまう確率も非常に高いと聞きます。

子どもを育てることは 生半可なことではありません。
育児と同時に育自もしていかなければならないのです。
自分も成長しなければ 育児の大変さばかりが大きく
育児を楽しむ余裕など出ては来ないでしょう。

悩みを一人で抱え 苦しんでいることが 虐待に繋がる原因のひとつです。
その悩みや苦しみを 話せる相手 聞いてもらえる相手がいないと
心を病んでしまうかもしれません。
一人で抱え込まない環境が大事です。
親や友人、ママ友、地域の力を もっと借りることはできないでしょうか。

相談できる公的機関もありますが 
PRが不足しているのか それとも敷居が高いのか
あまり利用されていない気もします。
ネーミングの問題でしょうか。
もっと気軽に相談できる機関であれば 
もう少し利用があるのではないでしょうか。
人付き合いが苦手な人でも 気軽に相談できる場であってほしいです。
もしかしたら お役所仕事の色が濃すぎるのかもしれませんね。


やや苦言を呈しすぎたかもしれません。
しかし これだけ虐待のニュースが横行していると
命を失っていった子どもたちの 悲痛な声が聞こえてくるようで
どうにも やるせない気持ちになってしまうのです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




スポンサーサイト

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

私たちにできることは 図書室での姿に気になるところはないか
少しでもおかしな言動や行動を見せたら 管理職か担任に逐次報告することしかできません。
たくさんの目で見守り 少しの変化も見逃さないように
私たちは しっかりタッグを組んで 様子を見るしかありませんね。
【2010/07/31 16:07】 URL | らりあん #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/31 02:00】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1556-cb993fd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。