小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中学校司書さんへ
小学校で たくさんの本を読んでいた子でも
中学生になると 読まなくなる子が多くなります。

図書室にいく時間がない。本を読む暇がない。
読みたい本がない。

様々な理由がありますが せめてひとつでも解消して
子どもたちの足が向くようにしてあげたい。
そのためには どうしたらいいか。
そのひとつに 小学校の司書ともっと連携を図り
購入の参考にしてみてはどうかと思います。

例えば 小学校では 
「黒魔女さんシリーズ」や「若おかみは小学生シリーズ」は
中学年以上に 継続的に読まれている本です。
続編が出る本は 小学校卒業しても 続きが気になるようで
しかし 中学校には置いてない・・・ということも あるようです。

中学校の図書は 小学校に比べ レベルの高い本が多いのだと思います。
しかし 中学生だからといって 
すべての子どもが 中学生向けの本で満足するかというとそうとも限りません。

となると 小学校にあった本を 中学校でも少し置いてもらうと
図書室の利用に多少変化があわられる野ではないかと思います。
続きを心待ちにしていた子は 読みに行きますし
まだまだ気持ちは小学生の子どもも 見慣れた本にはほっとしますし。

そこで思うのは 小学校で人気があり 中学校でもぜひ購入して欲しい本を
小学校司書が中学校司書に託したらどうかということです。

宗田理さんの「ぼくらシリーズ」も 小学校高学年に人気がありますし
中学生になっても読みたい本のひとつでもあります。
そういう本を増やしてあげたら 
中学校図書室も 貸出率がUPするのではないかと思います。

中学校司書も 小学校図書室を眺め どんな本があるのか
子どもたちがどんな本を求めているのか 見に行くのをお勧めします。
そういう時間が取れるのが この夏休みではないでしょうか。
中学校司書さん 校区の小学校図書室をぜひ 覗いてみてください。
そして 子どもたちが読みたい本を この目で確かめ
購入のヒントにしていただけるといいなと思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>ももたろうさん
異動なんですね。
でも チャンスですね。
私も中学校は一度勤務してみたいと思っています。

中学校を知って また小学校に戻れれば
必ずきっと役に立つことがいっぱいあるはずです。
ももたろうさんのように 卒業生がいれば
最初から親しいも同然なので 本音を聞き出すのも
比較的ラクでしょうしね。
私でお役にたてれば 一緒に考えていきましょう。

実は私も・・・異動です。
残念ながら中学校ではなかったのですが。
新天地でも お互いがんばりましょう。
【2012/03/26 21:09】 URL | らりあん #-[ 編集]


このたび、中学校に異動になりました。
選書の大切さを痛感しています。
私自身、小学校でも、客寄せパンダのような
本も入れてしまっているところもあったと思います。

この中学は、今の小学校の学区なので、
実は半分以上は私の育てた?子達なのです。

小学校で頑張って図書室のよさ・本のよさを伝えてきたつもりですが、
実際の中学生(あの子達がどうなっているのか)を見て、関わって、具体的に動いていきたい。

中学校司書さんのため息まじりの愚痴をよく聞いてきましたが、それは、私の小学校の図書室のせいもあるのかも・・・。
でも、その司書さんと連携が取れてなかったのも事実。
たまたま、つながっているところでお仕事できるということは、ある意味、チャンスかも。
今は、愚痴だけで終わらしたくない、
一つ一つ動いてみたいという気持ちが沸いてきます。
また、いろいろ教えてください。
【2012/03/25 08:29】 URL | ももたろう #bhhZubZs[ 編集]


>千曳さん
驚きました。
せいぜい「火の鳥」「ブラックジャック」「光とともに・・・」
「遥かなる甲子園」「どんぐりの家」程度だと。
それは 明らかにコミックで それもコミックの王道で
学校図書館に置くものではないですよ。
即刻廃棄処理して せいぜい学級文庫にでも置くべきです。

与える側から ある程度の制限を与えないと
「このコミックがOKなら あのコミックも入れてよ」となりかねませんし
そもそも学校図書館の本としてふさわしくありません。

千曳さんの仰るとおりです。
【2010/07/29 15:40】 URL | らりあん #-[ 編集]


ボランティアの方によると、「ドラゴンボール」、「ワンピース」、「火の鳥」などの有名なものから、
「おおきく振りかぶって」、「イナズマイレブン」、「スラムダンク」などの部活もの、
「ふしぎ遊戯」、「砂時計」などの少女漫画、
「嫌韓流」、「くたばれ平和主義」などの政治ものなどがあるようです。
もちろん全巻購入で、はっきり言って買いすぎだと思います。
これでは漫画を読みに来館する生徒はいても、本を借りに来る生徒は少ないというのも無理はない。
「イナズマイレブン」を買うくらいなら、「サッカーボーイズ」(サッカー小説)を買ってよ、
などとつい余計な口出しをしたくなります。
(私のぼやきを聞いていたボランティアさんの口ぞえで、この本もしっかり購入されたようですが)

私個人は漫画も好きですが、やはり読書とは別ものだと思いますし、
学校図書館の漫画は、あくまで文が中心の本の補助であるべきだと思います。
難しいテーマをあつかった本の理解を助けるために、わかりやすく解説した漫画本も購入する。
歴史全体の流れをつかむために、歴史漫画も購入するといった具合です。
【2010/07/29 11:39】 URL | 千曳 #-[ 編集]


>千曳さん
コメントありがとうございます。
なるほど。そういえば 私のところでもありました。
中学校でコミックを購入し 頻繁に借りられていると。
確か 政治的なものだったと思いますが
ちょっと考えてしまいました。
小学校では コミックの貸出はしていません。
いろんな考えがありますが 
中学校の図書室は小学校司書にはわからない部分があるので
一概にダメだとはいえませんが 中学生ならなおさら
コミックの貸出については 慎重な判断が求められるかなと思いました。

けれど いいですね^^
小中学校両方に携わるボランティアの方がいらっしゃって
橋渡しをしてもらえるなんて。
中学校で大量に購入しているマンガについても
ボランティアさんに協力してもらって
リストアップしてもらってはどうでしょうか。
どんなコミックが入っているのか興味があります。
【2010/07/28 16:08】 URL | らりあん #-[ 編集]


私が勤務する学校には、小学校と中学校で活動しておられる
ボランティアの方がいらっしゃるので、彼女に
小学校でよく読まれていて、中学生にもおすすめできる本の題名を
お伝えして、選定会議にかけてもらっています。
ほとんどそのまま採用されているようで、それはありがたいのですが、
小学校ではほとんど置いていない漫画本を、
中学校では大量に購入しているらしく、
そこをなんとかするのが先ではないかなと思ったりもします。
いろいろと思うところはあっても、
最終的に判断するのは、あちらの図書担当ですから…。難しいです。
【2010/07/28 14:06】 URL | 千曳 #-[ 編集]


どこも厳しいですね。
同じようなことは 私の近辺でも起こっています。
司書の資質を高める研修は すべて子どもたちに還っていくわけですから
例え 勤務時間が短かろうと 勤務を離れていようと
子どもたちのために 自己研鑽していくべきです。

ましてや 子どもたちのいない時間を利用しての研修なのだから
もっと臨機応変に対処してくれてもいいと思いますが
行政の考え方って どこも同じようです。

「現場のことは現場にしかわからない」 何かの映画のようですが
机上の論理を 私たちは必要としていません。
子どもたちは目の前にいるのですから。

本当に腹の立つ話です。
【2010/07/28 09:38】 URL | らりあん #-[ 編集]


>simizuさん
小中学校合同の研修会にいくと いつも思うんですよね。
中学生になると「勉強も部活も大変で 本を読む時間もないし
図書室に行く時間もない」と 誰もがいいます。
とても本好きだった子も。
でも よくよく聞くと「読みたい本がない」という声も 中にはあるんですね。
中学1年生は 中学生といえど まだまだ心は小学生だったりするので
絵本もそうですが ちょっと幼いかなぁというような読み物も
少しは入れてもらうと 自然と足が向くのではないかと思うのです。

小学校もそうですが 中学校の図書室も 子どもたちの癒しの場であってほしいです。
そこに読みたい本があれば 覗いてみようという気持ちになると思うのです。

司書の横のつながりも大事ですが 縦のつながりも大事にし
よりよい図書館作りをしていきたいですね。
【2010/07/28 09:31】 URL | らりあん #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/28 03:56】 | #[ 編集]

自主研修
1学期末、まさにその件で最寄りのA中学校の
司書さんがいらっしゃいました。

うちの人気シリーズをお伝えしたところです。
小学校からすれば、情報を提供するだけの
立場かというとそうではなくて、
卒業していく子どもたちへのその後の支援と
いえるでしょう。

1学期に小学校の先生方が中学に見学に行く
連携の為の行事があったのですが、
図書は中学が小学校に見に来てくれるのが
一般的に行われると良いですね。

【2010/07/28 03:35】 URL | simizu #PDrP5gew[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1551-97af2c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。