小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


廃棄図書の選定
本棚が手狭になったからと言って 本棚を購入するというわけにはいきません。
そうなると 本の廃棄をせざる得なくなります。
傷んだ本は当然ですが 今回は 複本にも目をつけ 廃棄を進めることにしました。

本校の読み物の棚は ざっと見ても 複本の多さが目に付きます。
そのほとんどが 感想文や感想画の課題図書で 
おそらく 少しでも多くの子どもたちに行き渡るようにと
複数購入していたのだと思われます。

その気持ちは よくわかりますが
何事も「喉もと過ぎれば・・・」といいます。
やはり これらの課題図書も 旬が過ぎれば 利用率は下がり
本棚で複本が幅を利かせています。
収納場所が不足してくると 複本の部分がどうしても目に留まります。

ただ 思い切りがつかないのは 利用が一定期間だけなので
どれも綺麗なままだからです。
要するに「廃棄するにはもったいない」わけです。

しかし そのままにしておいても 場所ばかり取って
何の解決にも繋がりません。
一応 本棚から抜き取り 廃棄の手続き書類を作ってみますが
書類が通らない可能性もあります。
なぜなら 本校の蔵書数は基準を満たしていないからです。

2学期に 申請してみますが 通るかどうか。
でも ここを通してもらわないと 
現実的に本棚が足りないという状況を 解決することは不可能です。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1550-20097ba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。