小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


利用者の立場に立って
自分が利用しやすいからと 
絵本や読み物を 著者名準に並べ替えをする司書がいます。

それでいいのかなぁ・・・と疑問に思います。

司書が利用しやすいように本を並べるのではなく
やはり 利用者が利用しやすいように並べるべきではないかと。

読み物は 著者名順に並んでいるほうが 
利用者も同じ作者の本を瞬時に知ることができ 
また 著者名で本を選ぶ傾向も高いので 利用しやすいと思います。

しかし 絵本は違うと思います。
子どもたちは 著者名で 絵本を探すことは ごくごく稀です。
ほとんどないと言っても過言ではありません。
子どもたちにとっての利用しやすい絵本棚は 
書名のあいうえお順に並んでいる書架です。

日本の作家と外国の作家はどうしたらいいか。
混在していても問題はないのですが 
混在させるならば 日本の作家と外国の作家の区別がつくよう
シールを貼っておくと良いと思います。

私は 日本の作家の絵本と 外国の作家の絵本は 分けています。
分けておくにしても シールを使って 
日本の作家と外国の作家の区別がつくようにしておくほうが
子どもたちへの意識付けになるので そうしています。

絵本は 書名のあいうえお順に並んでいるほうが
子どもたちにはなじみが深いです。
実際 子どもたちが本を探しにくるときは
教科書関連本ではない限り 書名です。
書名で並んでいれば 自力で見つけ出すことができる可能性も大きいです。

読みたい本を自分で探し出し 読んだら元の場所に片付ける。
これらが自力でできれば 意欲や自信にもなります。
そういう力も 育てるためにも 
利用者の立場に立った配架が 意味のあるものだと感じています。


図書館はサービス業です。
私たちが使いやすい図書室にするのが使命ではなく
利用者が利用しやすいような環境を作っていくのが 司書の使命だと考えます。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓


スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>イオさん
司書は サービスをする立場 利用者はお客様ですから
お客様の不都合は できるだけ排除しなくてはなりません。
なかなか難しいところですが 
書名での利用が多いのか著者名での利用が多いのか
リサーチしてみると 自分の働く図書館はどちらの排列が向いているのか
わかるかもしれませんね。

うちの図書館も ピーターラビットは そのシリーズだけで ひとつのコーナーになっていますよ^^
【2010/07/27 09:48】 URL | らりあん #-[ 編集]


そうですね、
《ただ 「利用者が使いやすい」 というのは基本です》
は本当にそう思います。

そういえば、シリーズものの扱いは勤務先の図書館もケーズバイケースなところがあります。
ピーターラビットものだけは絵本コーナーからはるか遠く、少年文庫系の棚の上に別おきされていました。まあ、あれをタイトルで分けてもしょうがないですね。

《ただ 絵本は 子どもの利用が多いと考えれば
著者名順より書名順が 子ども自身は探しやすいのではないかと思います。》

民話・昔話系とかはほんとにそう思います。『うらしまたろう』が読みたいって子供には、タイトル順が一番だと思います。
【2010/07/27 05:04】 URL | イオ #O5mp8qzk[ 編集]

Re: ちょっとちがうような・・・
言葉足らずですみません。
全部が全部 あいうえお順ではありません。特例もあります。

例えば「宮西達也さん」の著書や「あらしのよるに」シリーズのように
著者でまとめておいたが利用しやすい絵本や 
サブタイトルが前面に出ているような絵本は 
絵本棚の一角にコーナーを設けて 
それぞれにタイトル札をつけ ひとまとめにしています。

基本「利用者が利用しやすいように」ですから
そういうコーナーがまったくないわけではなく あることを 申し添えておきます。


また 同じ作者の同じシリーズを続けて読みたいと思う場合の件ですが
検索マシンがあるかどうかや 公共図書館か学校図書館でも 多少違ってくると思います。
検索マシンがあれば 同じ著者のシリーズが 必ずしも同じ場所になくても
著者で調べれば タイトルが羅列されるわけですから
案内にしたがって 探し当てることができます。
公共図書館の多くは 検索マシンがあるところがほとんどなので 可能かと。

学校図書館も同じく 検索マシンがあれば 同じようなことがいえますが
検索マシンがなければ 需要の多いものについては別置したがよいかもしれません。
ただ 絵本は 子どもの利用が多いと考えれば
著者名順より書名順が 子ども自身は探しやすいのではないかと思います。
【2010/07/27 00:32】 URL | らりあん #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/26 21:25】 | #[ 編集]


>イオさん
仰るとおりだと思います。
万人に使いやすいのが書名順ですね。
著者名で引き当てるには 著者に対する知識がなければ
かなり難しい並べ方です。

しかし 図書館によって 様々な意図がありますし
スペース的な問題もありますし これといった正解はありません。

ただ 「利用者が使いやすい」 というのは基本です。
その上で 司書などの管理者も使いやすい がいいですね。

そのようなことを話し合う場がもてるといいですね。
【2010/07/26 07:59】 URL | らりあん #-[ 編集]


絵本をいかに並べるかは、これといった最終案が出ない問題ですね。
人によって考え方があって。

私の職場(公共)では、伝統なのか、職員の趣味なのか、日本人の作家と外国の作家の絵本はコーナーを分けて、それぞれ絵を描いた人の名前順に並べて、民話系の絵本は開架は本の背の高さ順、閉架はタイトル順という、いささか癖のある並べ方になっています。(ちなみに紙芝居はタイトル順)

そして予約された本を引き当てたり、返却された本を戻したりといった作業で、楽なのはタイトル順に並べられた閉架の民話絵本というのが経験上の私の感想です。

イワサキチヒロさんの絵本をイワムラカズオさんの絵本の左手に確実に存在させ続けることは、困難ですし、丁寧配架のときに、外国の作家の絵本を画家の名前に基づいてアイウエオ順に並べるのは神経をすり減らす作業です。
チュダレード(仮名)とチュダレスカ(仮名)を正しく並べていくのは。

その意味では、タイトル順に並べることは《司書の利用》しやすさという点でも、むしろ理にかなっているように思うのだけど。

個人的な現場感覚ですが。
たぶん蔵書数などによっても違ってくるのかもしれませんね。
【2010/07/26 01:48】 URL | イオ #I4z6eAiM[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1548-d00b116c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。