小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スペースの確保は大変なのです
先日戴いた「忍者サノスケじいさん」シリーズ。
たくさん戴きましたが 正直 本棚に困っています。
30冊を超えるシリーズです。全巻出そろうと47冊。
先のことも考えると ある程度まとまった棚の確保が 取り急ぎ必要です。

点々と置くのであれば さほど困らないのですが
まとまった場所というのは 確保がとても難しいのです。
大掛かりな棚の移動をさせないと それだけのスペースが生み出せません。
ましてや 低学年でも読める読み物です。
そうなると 高い位置にも置けません。

読み物の本棚を ぐるりと見渡します。
棚移動といっても 関連付けがあるので
思いつきだけでは 安易に動かせません。

どの学年の子も 手に取りやすい場所。
となると 低学年の読み物コーナーに置くのも 偏りすぎるし
かといって 高学年コーナーに置くと 低学年が身近に感じないし。

難しいですねぇ・・・。

しばらくいろいろ考え すべてが融合する場所はココしかない!
という場所を見定め そこにスペースを作るべく 頭の中で 移動計画を企てます。

見定めた場所には 推理・探偵モノの本があります。
江戸川乱歩にアガサクリスティ そしてルパンにホームズ。
低学年のものと高学年のものが混在していました。
そこで 外国文学コーナーを整理し その一部に
高学年向けの推理・探偵モノの本を移動し まとまった場所を確保。
どうやら サノスケじいさんは ここに納まりそうです。

また サノスケじいさんシリーズの特性である『全国の旅』をモチーフにした
日本地図のぬりえラリーの準備も 整いましたw

あとは 2学期を待つのみです。

と ここで大活躍したのが 昨年のブックフェアでいただいた
サノスケじいさんのポスタータイプのカレンダー。
ぬりえラリーの案内ポスターに貼ったり
白地図を入れておく箱に張り巡らせてみたり とても役に立ちました。

我ながら良い出来だったのですが 忘れてしまいました



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>こうまさん
ほんとに大丈夫ですよ。
おおかた決めてしまえば 微調整はなんとかなると。
少し余裕のある棚の使い方を心がけてくださいね。
その余裕に救われることもありますからw

大変だと思えば すべて大変です。
けれどその大変さは 蔵書の把握という形で救われます。
これまで以上に どんな本があるのか把握でき
次回からの購入本の選定がラクにできるようになりますよ。

頑張ってくださいね。
【2010/07/26 07:54】 URL | らりあん #-[ 編集]

ありがとうございました!
現場の学校司書さんに「大丈夫ですよ」といって頂けると、それだけで気が重くならずに取り組めそうです。戴いたアドバイスをもとに、メンバーたちと先生方とも構想を練ることにします!書棚も選定の裁量を貰っている場所もあり、その決定もいよいよ大詰めです☆
【2010/07/26 00:39】 URL | こうまさん #-[ 編集]


>こうまさん
大丈夫ですよ^^
基本的に 十進分類法に従って 順序良く並べればよいのですから。
気をつけることは
①パンフレット・リーフレットは コーナーを作って 一ヶ所にまとめる。
②シリーズモノはまとめて配架する。(図鑑、事典をばらして置かない)
③別置図書は最低限とする。(教科書に載っている本やひみつシリーズなど)


①は 項目ごとにファイルに納めるか BOXに入れておくと利用しやすいです。

②については 利用しやすいようにと 綱目で分けてしまう時に 良くありがちなのですが
図鑑や事典まで一緒に綱目で配架してしまうことがありますが
図鑑や事典は綱目で分けるよりも 同じシリーズの図鑑や事典と一まとめにおいておくべきです。
なぜかというと 図鑑や事典の中で関連付けされている項目があるからです。

③は あまりに別置図書が多いと かえって利用しづらくなるので 
必要に応じて臨時的にコーナーを設けたがよいと思います。
落ち着いたところで シールを背に貼っておくと 臨時的に並べたいときに便利です。
例えば クリスマス関連本は シールを貼っておくと 
シーズン前 別置する際 さっと集めることができますね。


分類法の順に並べるとは言っても 棚の大きさもありますし
低学年が読む本は できるだけ 下の棚に並べたほうが良いし
そのあたりは 臨機応変で良いと思います。
『利用者が利用しやすいように』が一番ですので
今のうちから 構想だけでも練っておくことをおすすめします。



【2010/07/24 23:43】 URL | らりあん #-[ 編集]

書架に本を並べるなんて
司書教諭の先生と、図書ボラだけで出来るでしょうか?10月ごろに耐震補強し新しいメディアセンターとして生まれ変わる図書室の配架を私たち図書ボラでお願いしますと言われています。夏休み直前に本をまとめて体育館へ引っ越しさせたのは先生と子どもたち。図書館の司書さんに応援をお願いしてありますが、さて、らりあんさんからすると「おそろしい」状態かもしれませんね(-_-;)何がどれだけあるのか不明のような・・・
【2010/07/24 23:10】 URL | こうまさん #-[ 編集]


>yushumamさん

たかが40冊 されど40冊ですよね。
サノスケシリーズを継続して購入されるならば
いずれ来る問題ですよw
どこかに目星をつけて 廃棄を進めないと。
【2010/07/24 15:04】 URL | らりあん #-[ 編集]

おはようございます
 47冊を入れる場所。うちも確かに既存ではないですね。
 サノスケ~旅日記シリーズうちも6冊(セット第1弾)を注文しました。
2学期入ってくる予定。楽しみ&書架の確保を今から考えなくっちゃ。
【2010/07/24 07:33】 URL | yushumam #D7awbCwA[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1547-e8c8c466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。