小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いわたくんちのおばあちゃん
いわたくんちのおばあちゃん


「いわたくんちのおばあちゃん」 

天野夏美 作 はまのゆか 絵 主婦の友社

時期を外してしまいましたが 
このお話は いわたくんちのおばあちゃんである
綿岡智津さん(当時16歳)が 
実際体験した原爆・戦争について
ある小学校の平和を考える授業で実際に語られたものです。

いわたくんちのおばあちゃんは
写真に収まるのが嫌いでした。
なぜなら 家族写真を撮った数日後
自分以外の家族をすべて 原爆で失ったからです。
たった1人になってしまったからです。

写真に収まるとまた 家族を 周りの愛する人々を
失うかもしれないと思うのです。

大切な人々を一瞬で奪った戦争、原子爆弾。
いわたくんちのおばあちゃんの悲しい気持ちが
少しでもみんなに伝わるように
戦争がいけないことを 誰もがわかってくれるように
様々な思いがこめられた1冊です。
スポンサーサイト

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/153-5914b19e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。