小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


居場所
休み時間になると 本を借りるわけでもなく 読み訳でもなく
ただ図書室にやってきて 私の周りを陣取る子供たちがいます。
学年も様々で あまり場のようになり
それぞれが好き勝手に話をしていくのですが
四方八方から 話しかけられ 
さすがの私も すべての子どもの問いかけに答えられるわけはなく
身体がいくつかあったらなぁ・・・と考えるくらいですw

本来 図書室は 本を借りる場所 読む場所ですが
ある程度は 逸脱しても良いと 私は考えます。
教室では満たされない気持ち
友だち間でのちょっとしたトラブルで収まらない気持ち
いろんな気持ちを吐き出すことで 気持ちをリセットして出ていく子どもたち。
そういう場でもいいのではないかと思います。

こういう世の中です。
もちろん 図書室のルールやマナーは守らなければいけません。
けれど 堅苦しいだけでは 子どもたちの居場所にはなりません。
子どもたちの様子を見計らいながら TPOをわきまえさせつつも
子どもたちの声に耳を傾けてあげたいです。

しかし 中規模校なので児童数も多く 一人一人の子どもたちと
じっくり向き合えないのが難点です。
そんな図書室なので 中には 休み時間に 
さりげなく図書室を覗いて下さる先生がいらっしゃるのは
とてもありがたいです。
教室では見せない姿が 図書室にはあったりします。
いろんな先生がかかわることで 子どもたちも自然と絡んできて
自分を素直に出せることもあります。
覗いてくださる先生がいるのは嬉しいことですし
一人でも多く来てほしいなあと思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓






スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1515-fee8e549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。