小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「光とともに・・・」と戸部けいこさん
光とともに…15

「光とともに」 戸部けいこ/作  秋田書店

今月8日に 15巻目が出ましたね。
私もそうですが 子どもたちも
待ちに待った15巻目が発売になりました。
さっそく購入せねばと思っているところです。

しかし 今回はこれまでと違った思いがあります。
作者である戸部けいこさんは もうこの世にいらっしゃいません。
今年の1月28日に52歳という若さで ご病気のためにお亡くなりになりました。

「光とともに」は 「フォアミセス」という月刊誌で連載されていました。
しかし 昨年3月号を最後に休載。
その後闘病生活を送っていらっしゃったそうです。

15巻が発売されたものの 「光とともに」は未完のままです。
作家という職業は すばらしいものですね。
自分は死を迎えても 作品はずっとこの世で行き続けますから。
その作品から 魂を感じます。
作家さんの声が聞こえる気がします。
自分の思いを文字として残すことができて
ある意味 作品はすべて遺言みたいに感じます。

「光とともに」を読み
自閉症児である光くんの成長する姿に 一喜一憂し
また 自閉症児本人や家族、友人、学校の先生など
様々な人々が関わり 光くんの成長だけではなく
周りの人間も成長していく姿に 感動し
自分もこうありたいと思う指針にもなっていました。

15巻がおそらく最終巻となるのでしょうが
光くんが今後歩むであろう学生生活、就職、結婚、そして一人の親となるその姿まで
見届けたかったなぁと残念に思います。
その無念さは 作者である戸部さん自身が 一番お持ちだったでしょうね。
その瞬間をもっとも楽しみになさっていたことでしょう。

15巻を書架に出すときには 作家さんの死もあえて知らせたいと思います。
そして 子どもたちには これまでとは違った何かを感じながら 
光くんと向き合ってほしいと願っています。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>ずずさん
そうでしたか。
でも仰るとおり 目録から取り掛かると 良い勉強になりますよね。
机上の理論より実践です。こなせばそれだけ蓄積されますから
入力が終わる頃には 蔵書の把握もできて 何を聞かれても即答できますよw

こういうことは 考え方によって 気持ちの持ちようが変わりますね。
前の方がされたなかったからと 恨み辛みを言うよりも
されてなかったから蔵書を知るチャンスができたと思えば
気持ちがラクになりますよね。

大変な作業でしょうが 頑張ってくださいね^^

【2010/06/23 00:00】 URL | らりあん #-[ 編集]


おへんじありがとうございます。
いえいえ、前の司書さん(70歳)がPC苦手で全然触っていらっしゃらなくて、購入時に書店さんがデータを入れてくれたまま、除籍もされていないのですよ。6年ほど前にバーコード導入されてからずっと!
データを見たら各巻1冊しか購入されていないのに、欠けている巻(1巻分)と、2冊ある巻(1巻分)があるので、発注ミスだと思います。たぶんPCのデータで蔵書確認する術もご存じなかったのではないかと思われます。
ちなみに私の最初の仕事はバーコードのない本(寄贈やいつもと違う書店から購入された本)、バーコードは貼付されているけど内容が登録されていない本を探すところから始まりました。いまだ登録作業中です。。。3月に蔵書点検できるよう頑張ってます。でもお陰で蔵書に詳しくなれたので、若葉マークの私には良かったかもしれません☆
【2010/06/22 21:42】 URL | ずず #p6CkwyQg[ 編集]


>ずずさん
欠けている巻は もしかしたら紛失しているのかもしれませんね。
2冊ある巻は ドラマで話題になった頃に購入されたものかもしれませんよ。
全巻揃えてほしいですね。
作者さんのことは 小さなPOPに書いてつけておくと
目に留まって良いかもしれませんね。
【2010/06/22 00:32】 URL | らりあん #-[ 編集]


またまたお邪魔いたします♪

うちの小学校でも「光とともに」は人気です。
でも注文間違えしたのか、欠けている巻と、2冊ある巻があります。全巻揃えてあげねば!ですね☆
作者の方がなくなっている件は、きっと子供たちは知らないでしょうから、やはり教えてあげたほうが心に響くものが違うかもしれませんね。
【2010/06/21 19:56】 URL | ずず #Zr2/WiYY[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1514-44bd0e14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。