小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


だったら このアイデアで
ブックフェアに行けないとなると 何か手段を考えなくては・・・。
そこらへんの切り替えは早いです。
というよりも 待っている子どもたちのために
再三お願いして断られたことに いつまでもとらわれているわけにはいきません。

次なる策を考えねば・・・ と思っているところに
ナイスタイミングで 他校では取引のある書店さんが挨拶にこられ
話をしているうちに 良いアイデアが浮かんだのです。

というのは 書籍をダンボール10箱程度持ってきて
その場で選書し購入できるというサービスをしているとのこと。
学校単位で行うので 場所の提供はしてもらわなくてはならないが・・と仰られました。
その瞬間 私の中でひらめきが!



σ(o^_^o) 「その催しを 学校単位ではなく 
       自治体の学校司書向けに 開いてもらうことはできませんか?」

書店さん  「と 言いますと?」

σ(o^_^o) 「自治体内にある小中学校○校の司書を対象に開いてもらえると
       書店さんにとっても一度に多数の学校と取引できるし
       私たちとしても 勤務時間中に参加でき 
       しかも手にとって中味を確認しながら選書ができ
       互いにメリットがあるので そういう形ではできないものでしょうか?」

書店さん  「オオーw(*゜o゜*)w それはナイスアイデアです。
       私もそれは うちとしてもありがたい提案です。
       場所の提供さえしていただければ できないことはないと思います。
       その話をすすめるためには どうすればよいでしょうか?」

σ(o^_^o)  「部会には長がおりますので そこに相談していただければ
        実現可能だと思います。」

書店さん  「そうですか!それはぜひ相談にいかせていただきます」



利害関係が一致した瞬間です。
我ながら 今回の閃きはナイスアイデアだと思いました。
自治体にある小中学校の司書が集まるとなれば 
書店さんも意気込んでくるでしょうから
10箱以上用意して挑んでくるのではないかと思います。
実際 書店さんがすぐに動いてくれたらしく
早いスピードで どんどん話が進んでいるようです。
実現すれば とても楽しみです。

問題の場所提供も どこかの学校の空き教室を借りれば問題ないでしょう。


ブックフェアには 規模は規模は適いませんが
それでも 選書の機会を作れそうな見通しが立ち 多少安堵しています。
絵本はどうしても中味を見て選びたいですから。


余談ですが・・・
自治体内にある公共図書館は カタログ購入のみだと聞いて とても驚いています。
公共の 誰もが利用できる図書館で 
もしかしたら 書店などで中味を見ているのかもしれませんが
それでも カタログ購入だけとは・・・。
学校図書館では 絶対に避けたいことです。
中味を吟味せず購入することほど 怖いことはありませんから。


ブックフェアの規模縮小は この時代 仕方ないことかもしれませんが
図書館がある限り 購入はあるわけですから 
規模は縮小しても なくさないでほしいと思います。
来年度は再び 地方開催が復活することを願います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

ありがとうございます。
そうしなければ 一番の犠牲者は子どもたちですから。
新しい本を心待ちにしている子どもたちのことを思うと
何を最優先すべきか見極めないといけませんから。

お味噌汁は 5年生の家庭科ですか?
最近は お料理を教える前に 
ガスコンロのガスのつけ方を 教えなくてはならないようです。
なぜなら IHコンロの普及とガスコンロの進化により
「まわして点ける」ことがなくなってしまったからだそう。
学校も子どもたちも様変わりしましたね。
【2010/06/11 00:38】 URL | らりあん #-[ 編集]

前進
いつまでも、却下された案にしがみつき
不満を言うのではなく、別の手段を考える
前向きな思考に、もーうすごく憧れました。
素敵です。
絵本だけでなく、調べ学習も中身を見たいです。
子ども達だけでなく、先生方の購入依頼にも
キッチリ応えたいですよね。
ここ最近、図書館で味噌汁の本ばっかり
漁っています。コンテナ単位(笑)。
テーマにバッチリな本は、専門書だったりで、
なかなかです。
【2010/06/10 01:01】 URL | simizu #PDrP5gew[ 編集]


ありがとうございます。
がっちゃんさんの ありがたいお言葉が 何より励みになります。
与えられた試練は 乗り越えなくちゃ
良いことはないですしね^^
【2010/06/09 23:51】 URL | らりあん #-[ 編集]

必要は発明の母
d(゜-^*) ナイス♪ アイデア!
日頃考える仕事をしていらっしゃるからこそ
生まれたアイデアですね。
素晴らしいです (^-^)//""ぱちぱち
人ごとながら何かとても嬉しくなりました。
上手くことが運びますように。
【2010/06/09 14:33】 URL | がっちゃん #-[ 編集]


>keep9さん
ありがとうございます。
誰のための図書館であるか 考えると 答えはひとつですから
なんらかの方法で 子どもたちのために 1冊での良い本を揃えたい
その気持ちが何より一番だと思っています。
【2010/06/07 22:46】 URL | らりあん #-[ 編集]

前向きですばらしいです
カタログ購入がやむをえない局面というのは存在するかもしれませんが、小学校では基本的に絶対駄目だろうと(小学校の経験はないですが)思います。

経験がないだけになおさら小学生向けの本は中身を見て選びたいと、これは実感として思いますね。

管理する側と現場の意識の齟齬をなんとかして埋めようとする前向きなアイディアがすばらしいと思います。

そうでない場合、愚痴って終わりですから(苦笑)。
【2010/06/07 10:35】 URL | keep9 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1500-0483e6f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。