小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


だから 怖いんです・・・
兵庫県で 私の最も恐れていた事故が起こり
小1のお子さんが お亡くなりになりました。
(参照記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000904-yom-soci)
まずは ご冥福をお祈りいたします。


この事故は 学級懇談会中に 図書室で起こりました。
このお子さんは 懇談会に参加中の保護者を待つために
3階にある図書室で過ごしていて
どのような原因で事故が起こったのかは現在調査中ですが
図書室の窓から転落。
8m下の地面にたたきつけられたそうです。
そのとき 図書室には 大人は誰もいなかったということでした。

以前 ここに 学級懇談中の子どもの待機場所に
図書室を使うことの是非について 書いたことがあります。
在校生だけでなく その兄弟関係の利用もあると想定して
託児所代わりに図書室を使い 
小さなお子さんの面倒までも見ることは 私にはできないと
懇談会中の開館をお断りした経緯があります。

そのとき 司書教諭は これまで開館して
子どもと保護者の待ち合わせ場所になっているので・・・と
閉館にすることを 渋られました。
しかし 管理職の見解は 閉館してよいというものでした。

当時 もし 託児所代わりに図書室の開館をするというのであれば
責任の所在と 十分な人員を確保してほしい と
なあなあの開館を 断固として拒否しました。

今日の事故を受けて 改めて
あのときの この決断は間違っていなかったと思いました。
そして 図書室に大人が無人であったことも 
事故原因の引き金になったことは 大きな問題です。


この事故を受けて ますます 
人のいない空間を作ってはいけないと思い
自分の選択が間違っていなかったと再認識しました。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

やはり 子どもの安全を考えると
見過ごすわけにはいかないと思います。
事が起こってからでは遅いです。
ましてや 今回のように死亡事故が起きてしまってからでは
悔やんでも悔やみきれません。
【2010/06/04 07:38】 URL | らりあん #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/06/04 00:26】 | #[ 編集]


>地理さん
他人事ではないですよね。
事故が起きてからでないと対処しないのは
本当に悪い学校の体質です。
予測可能でありながら 問題として捉えないのであれば
子どもたちの安全をどのように捉えているのか
職員でありながら不安になります。

今回の事故のようなこともあれば
本棚が倒れてくることだって考えられますし
大人の目が届かないとなれば 子どもも羽目を外し
まったく予想もしないようなことを 引き起こすことも考えられます。

結局 何事も 大人感覚ではダメってことです。
懇談会の場に 子どもがいれば真剣に話ができないとか
話しづらいとか 落ち着かないなど いろいろあって
図書室のような場所に 子どもを行かせておけば 
安心ということなのでしょう。

けれど それが本当に安心なのでしょうか。
私は考えます。
懇談会の中に入れなくても 廊下や 教室前の庭やテラスなど
親の目の届く場所に いさせるべきだと。
そして 時々は 子どもの方に視線を送り
所在を確認するのが 親としての義務でしょう。

とにかく 図書室は 教室よりも危険な場所だと
担任にも保護者にも わかってほしいと思います。

【2010/06/03 23:21】 URL | らりあん #-[ 編集]

同感です!
このニュースを聞いて,私も,らりあんさんの記事を思い出しました。
そして,たまたま,きのう図書ボランティアとして行っていた小学校で,学校司書さんとこの話になりました(このニュースは知らない時点での話です)。
私の子供が通う小学校では,学校司書は週3日勤務。
学校司書がいないときに,子どもたちだけの図書室で何かあったときがこわい。
どなたか先生方がついていただいているのか心配。管理職に話をしたけれどピンと来ない様子だった,と。
こういう学校は少なくないのかもしれません。
危機管理をしっかりしてもらわないといけませんね。
【2010/06/03 22:46】 URL | 地理 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1496-85b90689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。