小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この時期だけ来られても・・・ましてやルールもマナーもなってない!!
昨日 つきあいの書店さんのことを書いたばかりですが
まるで予知能力でもあったかのように G社の営業マンが訪ねてきました。
しかし ちょうど授業中であったために
その様子を見て 即座に「日を改めます」と言い残し 帰っていかれました。

このG社の方は 昨年もこの時期あたりに来られ
店頭では頒布していないセットものの事典について熱く語られ 購入を迫られましたが
既に 第1弾の購入を終えた直後で 割ける予算がなかったことと
本棚に余裕がないことを理由に お断りしました。

そして 今年も めげずにやってこられました。
ですが せっかく来てもらっても 
どれだけ熱く語られても 今年も購入の意思はまったくありません。
なぜなら モラルに欠けるからです。

学校は朝9時前後から 午後4時ごろまで 授業があります。
その間 こちらから依頼した業者でない限り
時間を割いて 接触することはありません。
ましてや アポもなしに 突然来られるのは 論外です。

このG社の営業マンは まさしく そこに当てはまります。
前回も今回も アポなしで しかも授業があっているであろう時間帯に来られました。
学校という場に来る者として 常識に欠けていると思います。
せめて 事前にコンタクトを取り アポを取って来校するのが
営業マンとしてのマナーではないでしょうか。

というのも 納品されたダンボールを7箱積んで 受入れ作業の真っ只中。
とにかく空き時間は貴重で 外部の方と接触する時間すら惜しい毎日です。
この状況で アポなしで突然やってこられても 正直困ります。
無下に追い返すわけにもいきませんし
だからといって 2、3分で終わるわけもないので 
大幅に時間をとられるとなれば 非常に迷惑な話です。

「日を改める」といわれたので 憂鬱な気持ちになっています。


それに加えて 疑問も・・・。
誰が今日 図書室に通したのかわかりませんが
授業のあっている時間帯にもかかわらず 図書室に通した職員は誰でしょう。
本来 そのような来客には アポを取るよう促したり 
来校時間を午後3時半以降にしてもらったりするなど
管理職の配慮がほしいと思いますけど。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>ハルカさん
押し切られるということもあるのでしょうね。
ブックフェアなどで 近隣の司書と一緒に購入していると
書店さんに押し切られて購入している司書も中にはいます。
前任者と同じ業者から購入しなければならないという決まりはないですし
自由競争ですから ハルカさんが良いと思われる方法で購入するのが一番良いと思います。
ただ 業者さんにより割引率が違ってきたりしますので 
業者選定の際には 考えに入れておいたが良いかと思います。
【2010/06/23 16:31】 URL | らりあん #-[ 編集]

そうなんですよね。
昨年の状況を考えてみると、まさに押し売りだと思います。だから、後半はほとんど注文しませんでした。実は、前任者の方もその書店さんと取引をされていて、人それぞれ考え方があると思いますが、前任者がその書店さんから買われた6000円以上もする家庭の医学とか、中学校に必要なのかな??うーん・・・と思うこともありました。正直、書店さんに対して疑問を感じてる状態なので、今年度は「予算、減っちゃったんですよ~」と言ってます。(もちろん、事実なんですが)そうしたら、あまり本を持ってこないかな~と思って。徐々に縁を切っていこうと思っているところです。当たり前かもしれませんが、やっぱり本は探し歩くのが自分の性格に合ってます。
【2010/06/23 01:53】 URL | ハルカ #-[ 編集]


>ハルカさん
すごい営業さんですね~。驚きました。
「授業が入っていることもあるので アポを取ってからきてください」と
やんわりと言えないものでしょうか?
ひとつ間違えば 押し売りのようにも感じます。
他の中学校にも納品されているのであれば 
ハルカさんのところが切ったとしても 大きな被害はないと思います。
登録業者はいくつかあると思うので 徐々に移行されてみてはどうでしょう。
本が売れない世の中ですから 書店さんも必死だとは思うのですが
最低限のルールは守ってもらわないと
購入には結びつかないということも知ってもらう必要があると思います。
【2010/06/22 00:27】 URL | らりあん #-[ 編集]

うちも似たようなものです。
今の学校図書館に勤務する前から、お付き合いはあった書店の営業の方なんですが、それまでは直接的なやりとりはなかったので、直接的なやりとりをするようになった現在、少し距離を置いています。
アポ、うちもないです。急に来て、本を進めて帰っていく。本も、その場で見て買うこともありますが、後で納品書ちょうだいねと言ってもくれないので、いいのかそれで!と思ったり、頼んだ本をずっと持ってきてくれなかったり。
他には、一旦注文をストップします。再開するときはまた連絡します。と言ったにも関わらず、次の週にはまた本を持ってきてみたり。
極めつけは、大量の図書が入った箱をいきなりどんと持ってきて、見てください。でした。いきなり持ってこられても・・・と思ったのですが、結局見ました。
失礼だと思うので、距離を置いていますが、何とか縁を切る方法ってないかなぁと思っているところです。
書店さんのおすすめの本は確かにいいとは思うのですが、値段も高いことが多くて・・・相手も商売もあるし、どこどこ中学校も入れてますよとか言われますけど、それだけで決めてはいけないと思いますしね。
【2010/06/21 02:44】 URL | ハルカ #-[ 編集]


なかなか難しいところですが 
司書がいないというのが 最大の原因ですね。
利用者である教師が 自分でさっと選べることを第一に
配架されているのでしょう。
漫画は 貸出しないからという理由で
分類もされていなければ ラベルも貼られていないということは よくあります。
禁帯出ラベルが貼られていないというのも珍しくありません。
要は 図書カードが入っていなければ 貸し出せないということなので
あえて貼る必要はないということなのでしょう。
【2010/05/29 00:22】 URL | らりあん #-[ 編集]

補足です♪
お返事、ありがとうございます^^。

実際はそうなんですね~・・・

>しかもラベルの著者名欄に ご丁寧に教科名のスタンプが押されていて驚きでした。
>正しいラベルの使い方をしていないと これから進学して利用する図書館や
>公共図書館での利用に 戸惑うこと必至です。

言葉足らずでしたが、装丁の中に教科別スタンプのようなものはありませんでした。おそらく先生が教科に関係のありそうなものをまとめられて配架されているのだと思います。
「教科の先生が分類記号をご存じない場合もあるので、その方が判っていただきやすいからでしょうね・・・」とのことでした。

だから、漫画は1つのコーナーにありラベルの付いていないままのものもありました。
お聞きすると「漫画は貸出しないので(貸し出すと返ってこない)禁帯出のラベルをはらないといけませんね」とのお返事でしたが・・・

“なにか、やっぱりちがうかも・・・”の気持ちになったのでした。


【2010/05/28 12:03】 URL | しぶちゃ #-[ 編集]


お疲れ様です。
本校も 教科別配置の部分があるので 図鑑類がばらばらに配架されています。
パンフやリーフも 分類にあわせ配架されているので 見た目も良くなく
パンフ・リーフコーナーを作って一まとめにしたが 見た目もよく 
また利用もしやすいので どうにかしなきゃなぁ・・・と思っているところです。

しかもラベルの著者名欄に ご丁寧に教科名のスタンプが押されていて驚きでした。
正しいラベルの使い方をしていないと これから進学して利用する図書館や
公共図書館での利用に 戸惑うこと必至です。
ラベルの付け替えには労力も要りますし 時間もかかるので なかなか踏み切れません。

と 話がそれてしまいましたが・・・。
しぶちゃさんが驚かれた様子ですが 
ほとんどの学校で そのような形の図書購入が行われているのは事実です。
司書がいない学校であればあるほど そのような購入方法が行われています。
値引きをしない分 装丁をしてもらうというのも 日常茶飯事。
しかし これには大きな落とし穴が。
それは・・・というと 分類には多少 学校ごとの『カラー』があります。
カラーというのは 学校独自の偏った分類という意味です。

例えば 「公害」に関する本を 「工業」に分類するのか
「産業」に分類するのか 非常に悩むところです。
今 「環境学習」に力を入れているでしょうから
もしかしたら「環境コーナー」に別置されているかもしれません。
さて どこに分類するか・・・まさにこの部分です。
本校は「環境学習」に 特に力を入れている学校なので
「公害」は「環境」に並べます。
このように「アバウト」な部分が存在するわけです。
なので ラベルはもちろんのこと 分類も様々な考え方があるので
書店でつけて納品されるなんて とても危険なことです。

私は どんなに忙しくても 選書を人任せにするなどありません。
子どもの実態に沿った選書 分類バランスを意識した選書が
とても大切だと思うからです。

選書には 「見極めるチカラ」が必要です。


>(また報告させていただいてもよろしいでしょうか・・・?)
かまいませんよ。。 いつでもどうぞ^^
【2010/05/28 00:16】 URL | らりあん #-[ 編集]


そうでしょうか?
子供のためを考えるからこそ こういうことは大事だと思うのですけど。
学校は教育の場です。
大人が場をわきまえないのを 子どもにどう理解させるのでしょう。
やはり常識的なことができない会社との取引は難しいと思います。
といっても G社の本を買わないわけではありません。
G社の本は高く評価していますが 
だからといってG社と直接取引きをしなくても
取引先の書店を通して買えばいいのですから 何も変わりません。
ただひとつ G社の営業社員を通さないと買えない本が数冊ありますが 
それが買えないだけのことです。
しかし その本に変わるものは 他者からも出ていますし
私自身は 直接取引きをしないからといって
子どものためにならないとは考えていません。
【2010/05/27 23:50】 URL | らりあん #-[ 編集]

こんにちは ♪
セールスの方は その会社の顔ですものね・・・。

先日、図書のお手伝いの話をしに中学校に行ってまいりました^^。
その日の感想をらりあんさんに聞いていただきたくて・・・。

前からのお約束で放課後に伺ったのですが、
丁度(?)、書店さんが来られて購入する本を決めることになっているとのことで、受け入れ作業をしながら、その場をご一緒させていただきました。
担当の先生のお話だと、図書購入は書店さんにお任せしたのだけど、書店から「先生の目も入れて購入して欲しい」と言われたとのこと。
本の説明を受けながら、カタログから「これと~・・・これも!?」という感じで選書されてました。(一様、先生の希望のジャンルからえらばれていたようですが)
課題図書や新刊など入れて、予算になったら「このくらいで・・・」で決まったようでした。

購入図書もそちらの書店さん(某大手)だと、手数料はかかるけど、分類番号・著者記号にフイルムコートをつけて納入、台帳もつけてくれるから助かるの・・・とのこと。
受け入れ作業は受入印と所蔵印だけでした。

せっかく17クラス、生徒一人当たり¥2500弱の予算があるのに、「やっぱり…しかたないのかな」と初めて目にした購入現場にちょこっと溜息でした。
実際のところ、こうやって決まっていくものなのでしょうか??

先生が席を外されたときに、書店の方とお話したのですが、「ここ(の市)は専任の司書がいないから、先生の負担軽減のためにコートも貼るんですよ・・・台帳も前は手書きだったんですがね・・・」と、あと選書は先生のお気持ちが入る方がいいとも言われてました。

前任の図書担当の先生(司書教諭)から、今の赴任してきたばかりの国語科の先生(資格なし)への引き継ぎも十分でないようで、いつもあたふたされています。
前任の先生がついこの間、読書活動の取り組みがいいからと県から表彰されたばかりなので、今の担当の先生も「前例に従って・・・昨年と同じように・・・」という感じです。
クラス担任だし、お忙しいのもよくわかるので、前任の先生とお手伝いしましょうかの私の間で申し訳ないような気がしてます。

とりあえず、夏の図書室のお引越しのときには
図書は分類別に配架したほうがこれからの生徒の今後の役にたちますからそうしませんか?とお伝えしておきました。
(今は教科別になってました)

学んだテキストや読んでる関係本の内容と
現場との差がありすぎて・・・--;
まだまだ色々あるのですが
長くなりましたので・・・。

ありがとうございました。

(また報告させていただいてもよろしいでしょうか・・・?)
【2010/05/27 13:48】 URL | しぶちゃ #-[ 編集]


子供のためを考えたら社員の態度は考慮に入れないべきだと思いますが。
【2010/05/27 11:29】 URL | #-[ 編集]


G社は大手の出版社ですから この行動振りは信じられないところがあります。
大手の驕りがあるのかもしれませんが 教育の場をどう捉えているのか・・・。
アポは 社会人の常識ですしね。
どんなに良い本を出版されていても 何度足を運ばれても
社員教育がなっていない会社から購入することはないと思います。
【2010/05/26 23:16】 URL | らりあん #-[ 編集]

こっこいつはぁ……
う~ん、普通の会社への営業であれば「アポなし」は飛び込み営業ででもなければありえないですよね。

限りなくルートセールスに近い営業でこの無神経ぶり。信じられません。
【2010/05/26 19:53】 URL | keep9 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1488-6fb15b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。