小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


速さに勝るものはなし
公立の学校には 自治体ごとに登録業者があり
何かを購入するときは その登録にある業者の中から選んで購入します。
もちろん 図書も同様で いくつかの書店さんから選ぶことができます。

長くこの仕事をしていれば つきあいの書店さんというのがそれぞれあります。
つきあいが長くなれば それなりに融通が利くこともあり
当然 ごひいきにしてしまうところがあります。

といっても 1つの書店さんに偏らないように
2つ3つの書店さんに分けて購入するのですが
新しい本が入るのを楽しみに待っている子どもたちのことを思うと
1日でも早く納品してくださる書店さんに どうしても偏ってしまいます。

注文から納本まで 書店さんによって様々なルートがあるのだと思いますが
そこで時間がかかっているのでは やはり最短ルートを辿る書店さんに注文ということになります。

今 一番贔屓にしている書店さんは 早いだけではなく仕事も丁寧で
納本も図書室まで運んでくださいます。
しかし 注文した後は 宅配業者に委託し 
学校の玄関先に山積みして終わりの書店さんもあります。

注文した品は最後まで責任持って担当者が届け
司書とコミュニケーションを図ることも大事なことだと思いますが
そこを割愛されるような書店さんとの取引は 遠慮してしまいます。

「人対人」で成り立つところはありますし 
なにより 書店さんとコミュニケーションを図ることは
他の学校の情報を聞いたり 新刊の情報を聞けたりするチャンスだとも思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1487-d6d08f67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。