小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『きつつきの商売』の続きに会いに行こう♪
3年生の国語で学習する「きつつきの商売」。
教科書には<その2>まで紹介されています。
この終わり方で このお話は終わりなの?
なんとなくすっきりしない終わり方ですよね。
それはそうでしょう。 だってまだ 続きがあるのですから。

しかし 続きを読みたくて 書店や図書館で
「きつつきの商売」という本を探しても見つかりません。

どうして?

実は この「きつつきの商売」は
『森のお店やさん』(林原玉枝/作 はらだたけひで/絵 アリス館)の中に収録されています。
そのため この本にたどり着かなければ 続きを読むことができないのです。

森のお店やさん

この本に収録されていることは 案内でもしなければ 子どもは気がつきません。
なので 図書の時間を利用して紹介するわけです。


しかし 紹介するといっても いつ紹介するのか
紹介のタイミングに気をつけなければなりません。

単元学習中に紹介をしてしまうと 授業の「ねらい」を
ぶれさせてしまう可能性があります。
余計な知識が入ってしまうと 想像力や創造力を引き出す部分で
事実が先行してしまい その力が発揮できません。

と言う事は 単元学習が終わり 次の単元に入るところが狙い目になります。

単元学習が終わってしまえば おまけのような感覚で
『続き』のお話を紹介できるのです。
紹介するタイミングは 早すぎてもいけないし 遅すぎてもいけません。
『余韻に浸れる』絶妙なタイミングを見逃さずに読み聞かせするのが
子どもたちの心をグッと引き寄せます。


子どもたちの好きなお話の類なので
もちろん 子どもたちは 目を輝かせながら 聞き入ってくれます。

ひとつ残念なことは この本は絵本ではないこと。
なので 絵本の読み聞かせとは違い 読み語りになります。
目をつぶり 頭に場面を描きながら 聞いてもらうのが一番良いようです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓
 


スポンサーサイト

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1484-061ab6f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。