小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ありこのおつかい
ありこのおつかい

「ありこのおつかい」 石井桃子/作 中川宗弥/絵 福音館書店


3年生はちょうど 「ありの行列」を学習しています。
それならばと ありに関する本を紹介し
ありにちなんだ絵本を 読み聞かせしました。

表紙こそかわいげですが 背表紙が福音館書店ならではの
ちょっと暗めのデザインで 書架に並んでいても
借りようとする人はいませんでした。

いつもならば 読んだことある子が「しってる~」と声をあげるのですが
今回は そのような声がまったくありません。
ということは この絵本は ほとんど読まれていないということで
おもしろいのに残念だなぁと思いました。


このお話の出だしは 何かのお話に似てる!と思うのですが
そのことに反応するのは ごくわずか。
意外と知らないものなのですねぇ。

お母さんにおつかいを頼まれたありこが道草を食ったことで
ありこに思わぬ出来事が降りかかってきます。
物語の中に出てくる言葉に 今ひとつひっかかるところもあるのですが
お話のテンポのよさは 子どもたちの心ををググッとひきつけます。

いったい何が起こるのでしょう。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




スポンサーサイト

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント
Re: 度々
どれも古い本ですからねぇ(^^;)
古かろうが新しかろうが 「アリ」の本があっただけでヨシとしましょう^^
【2010/05/20 23:49】 URL | らりあん #-[ 編集]

度々
 職場にもありませんでした。唯一あったのが武田美穂さんの絵本『ありんこぐんだんわははは・・』  山下明生さんの「ありんこぞう」だけです。v-292 なんという種類の少なさ。泣けてきます。

 ブックフェアーに参加できるといいですね。
【2010/05/20 18:07】 URL | yushumam #wXplh1Yc[ 編集]


お役に立ててよかったです^^
毎週各学級から時間割をいただき
読み聞かせの本を選ぶ際に 授業に関連した本を読んだり
読み聞かせの前に紹介したりして 興味関心が引き出せるように工夫しています。

ほかに 「ありさんどうぞ」 中村牧江/作 林健造/絵 大日本図書
「ありのぎょうれつ」 得田之久/作 童心社 も おすすめです。
どちらも本校には所蔵がありませんが。
【2010/05/19 23:17】 URL | らりあん #-[ 編集]

まさに。。
 ただいま息子が宿題で『ありの行列』を読んでいます。この絵本も探してみます。
【2010/05/19 16:53】 URL | yushumam #wXplh1Yc[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1481-3e263e35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。