小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分の力で
年々 自立の難しい子どもが増えています。
1年生のうちは 1年生だからと あれこれ手伝っていましたが
2年生になっても それでは いつまでも成長しないので
多少突き放すことにしています。

2年生になってからは 休み時間にも頻繁に本を借りに来ます。
それはありがたいのですが 自分の学級のカード入れも見ずに
「カード入れがありません」とか 探す努力もせずに「返す場所がわかりません」と
いつまでも尋ねてきます。

親切に教えてあげるのが筋でしょうが それでは彼らのためになりません。
ここは心を鬼にして 自立心を養わせるべく 
自分で考え行動する努力をさせています。

「カードがない」と言えば 「自分の学級のカード入れを確認しなさい」と言いますし
「返す場所がわからない」と言えば 
「借りるときに『本のおうちは覚えておきなさい』と言ったよね?」と 軽く小言を言い
絵本をラベルやタイトルを見て 返すべき場所はどこなのか 考えさせます。

「わからない」と言った時に 私が預かり 私が元の場所に返せば
これが一番ラクで 間違えのない方法なのですが それでは 子どもたちが学習しません。
やっぱり 自分で動いて会得するしか 覚える手段はないのです。
多少苦労してでも 自分の頭で考え 自分の力でしまう努力をしないと
いつまでも 誰かに頼り 助けてもらうのが当たり前のことになってしまい
自分の力で正しくしまえる子どもとの差が どんどんついてしまいます。

中にはこういう子どももいます。
休み時間の間に 本を選ぶことができず チャイムがなり
教室に戻らなくてはならなくなりました。
すると 私に何の声かけもなく 自分勝手に とある場所に借りるために握っていた本を置き
手続きのための個人カード入れもまた 机上に放り出したまま教室に帰ってしまいました。

本人からそのような経緯は聞いていなかったので とある場所にあった本を見つけ
誰かが放置して行ったのだなと思い 
ブックポケットにカードが入っているのを確認し 本棚に戻しました。
机上にあったカード入れは 次の図書の時間に邪魔になるので 
これまた片付けてなかったんだと カード入れの箱に戻しておきました。
当然 カード入れには記名がありますので 誰のしたことかわかります。

次の休み時間 その子がきて こういいました。
「あそこにおいていたカード入れがなくなりました」と。
なるほど・・・ 借りようと思って準備していたのね・・・。
しかし ここは みんなの図書室。彼女の部屋ではありません。
いくら時間切れで借りれなかったとしても 
そのままの状態にして戻っていいということにはなりません。

彼女に「ここはみんなの図書室であって 自分のおうちじゃないの。
次の時間に借りようと思ったとしても 
カード入れをそのままにして帰ったら 次の時間に利用する人たちが迷惑でしょう。
時間が足りなくなったら そのままにせず 一度もとの場所に戻すようにしてね」と。


こういう習慣は やはり家庭からだと思うんですが なかなか難しいですね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>yukiさん
これも 社会への第一歩だと考えれば
段階を踏んで 学んでいくしかないことです。
突き放すのも愛情ですしね。
もちろん 自分の力でクリアできたら 褒めますよ^^

【2010/05/08 23:47】 URL | らりあん #-[ 編集]

わかります
メールのお返事ありがとうございました。

うちの学校の子どもたちも
「カードがない!」
「~の本がない!」と騒ぎます。

よく探せばカードはあるし、
借りたい本がなければ誰かが
借りていっている。それが分からないようです。

自分の力で探し、理解してほしいなと思います。
【2010/05/08 22:39】 URL | yuki #UpNyRJ.g[ 編集]


>ひつぢさん
尋ねれば すぐに見つかるし 時間短縮になりますよね。
大人には大人の事情もあると思うので それらの行動を全否定はできませんが
そういう大人を作ってしまった一因が こういうところにあると思うのです。
誰かに頼るばかりではなく 自分の力で道を拓くみたいな苦労や努力は 
幼いときにいくつも経験を積み重ねておかないと
大人になってから遭遇する逆境や試練に立ち向かう力は備わらないと思います。
【2010/05/08 16:14】 URL | らりあん #-[ 編集]

最近は。
大人も多いですよね、こぅゆぅ人。

お店に入って、探しもしないで『玉子どこ?』『牛乳売ってるの?』とか。
持ってきたメモ見せて『これはどこ?』って、書かれてるモノ全部聞く人もよく見かけるようになりました。

そぅゆぅ行動を見て育つ子供は、やっぱい同じような大人になるんだろうなと哀しくなりますね。
【2010/05/08 15:16】 URL | ひつぢ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1470-ea5c68d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。