小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


教室はまちがうところだ
教室はまちがうところだ

「教室はまちがうところだ」 
蒔田晋治/作 長谷川知子/絵  こどもの未来社

クラス替えがあって 新しい担任と出会った学級に
この絵本を選んで読み聞かせをしています。

今日 この絵本を読み聞かせした学級は
(読み聞かせの後に 担任から聞いた話です)
図書の時間の前が道徳の時間で 
偶然にも この絵本の一節を授業に取り入れていたそうで
リアルタイムな読み聞かせに 感激されていました。

子どもたちから いろんな情報が入ってきて
それらの情報から 読む絵本を決めることもあるのですが
今回は 子どもの情報もなく まったくの偶然の出来事。

担任に何度も感謝され こちらもうれしくなりました。

図書の時間がある学級の時間割は 毎週もらうのですが
時間割を見て 授業に沿った読み聞かせをしたり
子どもたちの話や 学級の様子を聞いて
その時々にあった絵本を選んで読み聞かせしたりと
いろいろ考えてはいますが このような偶然は
1年に1回あるかないかです。

図書の時間の後も うまい具合に話をつなぐことできたそうです。

クラス替えがあると 担任と子どもたち 子どもたち同士
それぞれ ぎこちなく 互いに腹の探り合いです。
間違えることに恥ずかしさを感じ 手を上げられないということも。
手を上げて答えて その答えが間違っていたら・・・
そういう不安も たいてい一度は経験していることでしょう。

私の知り合いの教師に 「間違い」を大切にされる方がいらっしゃいます。
子どもが間違うと 必ず「ありがたい」と仰っていました。
「なぜ間違えたのか どこで間違えたのか」
みんなで究明していくことで わかったり振りをしていた子も
なんとなくわかっていた子も 同じ間違いをしていた子も
間違いから学んで 自分のモノにしていくのです。
だから「ありがとう」と。

間違いから学ぶことが どれだけ良い学びに繋がるか
子どもたちに少しでも伝われば・・・と思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1460-26248d2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。