小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ありのまま
図書室は 子供たちのいろいろな声を聞く事ができます。
それは 楽しい出来事であったり つまらない出来事だったり
納得のいかない出来事であったり とにかくいろんな事。

会話の中に 心配なことや気がかりなことが
含まれる場合もあります。
子どものささやきを できるだけ聞き逃さないように
会話に参加しなくても 会話に参加しても 心がけています。

かなり心配なことは 担任に話をしますが
ここからが問題なんですね。

昨日 その事例がありました。
担任は 担任の目で確認したことではないので
例え話として話したり 遠まわしに話したり
聞き取りをしてみたりして 上手に話をしてほしい。
私から聞いたことを 子供たちにストレートに話をされると
敏感な子どもは私が「ちくった」ことに気づいて
私の前でつぶやかなくなるからです。

子どものつぶやきを拾えなくなったら
それだけ周囲の気づきが少なくなるわけですから。

久々に不満を吐いてみました。
教師には「器用さ」と「機転の良さ」が必要ですね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/146-c61ba2fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。