小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボランティアの本質
ボランティアさんの件 理解していただけたかは別としても
時数確保という どうすることもできない学校側の事情を
多少強引ではありましたが汲み取っていただき
学校側の意向を受け入れてくださいました。

ゆとり教育からの脱却は 読み聞かせだけでなく
あらゆる場面で起こっているということ
その結果 時数確保に学校側としても頭を痛めていること
学校現場は本当に大変なのです。

そんな中でも 読み聞かせの大切さは重々わかっており
そのためになんとか時間確保をしているのですが
その時間を有効に活用してもらってこそのボランティアさんなので
やはり学校の事情に合わせてもらえないのであれば
それはボランティアではないんですよね。

ボランティアさんの時間は凝縮されてしまいましたが 
司書の立場としては 朝読や図書の時間をどんどん増やしてほしいと 常に思っています。
しかし 学校現場にいると 学校の事情というものが 目に見えるので
その中で 声を大にして 読書読書とばかりは言えません。
それでも 最後の砦である ボランティアさんの朝の読み聞かせだけは
削減することなく なんとか継続していきたいと思っています。
その灯火だけは消えないよう せめてこれだけは守っていきます。

私は限られた図書の時間の中で 読書の大切さを子どもたちに訴え続けます。
それが司書である私の使命のひとつですから。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1438-53aa7788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。