小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


去り行く人々
退任式でした。
今年は少なめで5人。
職員40人を超える中 わずか5人とは 今年の異動はやや少ないです。

退任式は 滞りなく行われました。
異動される方、採用試験に全力を注ぐためにいったん職を離れる方 様々です。

臨採として働きながら 採用試験の勉強をするのは とても大変なようです。
仕事が終わって スクールに通います。
担任を持っていると その負担も大きく
勉強のための時間確保が 大きな問題です。
子どもを育てる責任ある仕事ですから 手を抜くことはできません。
また 採用試験もいつまでも受けられるわけではないので
どこかで この思い切りが必要になるときもあるかもしれません。

臨採講師の採用についても 厳しい現実を目の当たりにしました。
次の勤務先が決まっていた講師が 
急遽 赴任先の学校の学級数の減少のあおりを受け
採用が取り消しになってしまうという事態に。

もちろん そのような場合は 赴任予定先の校長や教育委員会が
代替先をあたってくださいますが 
年度末ギリギリのことで どこもほぼ赴任者が決まっていて
同じように 学級数の増減が見込めるところ もしくは
産休・育休代用の予定が見込める学校で数ヶ月自宅待機かになるでしょう。
しかも 希望の勤務地が望めるかどうかさえ 難しくなってきます。
良い条件で 早く見つかればいいけど・・・と 見守ることしかできません。

卒業生を含め たくさんの子どもたちが 退任式に参加していました。
退任式後 御世話になった先生方に挨拶をして帰っていく子供も多かったです。

あと1日で 新しい年度が始まりますね。
気持ちをリセットして 新たな出会いを期待しましょう。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1432-73a92d60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。