小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こだわり
今年度最後の図書館だよりを発行しました。
内容は 進学・進級に向けてのお祝いの言葉、
春休みのおすすめ本、蔵書点検の結果。

春休みのおすすめ本は 低・中・高学年向けに
それぞれ1冊ずつ。
日ごろ読まれていない本の中から 紹介しました。
誰もが知っている本だと 紹介も軽く受け流されてしまうし
誰もが知らないような本だと 興味をそそる紹介の仕方でないと
これまた受け流されてしまうので 
わずか3冊ピックアップするにも 結構悩んで選びました。

さて 今回の図書館だよりのメインはやっぱり
蔵書点検のことです。
私なりにこだわりがあって 蔵書点検の後の図書館だよりは
訴えかける文章になっています。
今回の不明図書は45冊でした。

1万冊の蔵書がある本校図書館で 
45冊の本がなくなったということを どう捉えるのか
子どもたちに問いかけます。

「たった45冊」なのか「45冊も」なのか。


「1万冊もあるんでしょ?
そのうちのたった45冊なくなったって たいしたことないじゃん。
なくなってしまった人気本は また買えばいいんじゃない?」


「45冊もなくなったの?
たった1冊がなくなっても大変なことなのに 45冊もないなんて
わたしたちはどうすればいいんだろう。」


子どもたちの頭には どちらが浮かぶのでしょう。


大変なことだと認識してほしいです。

間違って持って帰ってたりしていないか
ついうっかり返し忘れていないか 
もう一度 自分の身の回りを探してほしいと思います。


このことは 終了式の場でも
子どもたちに問いかけるよう 時間を割いてもらうことになりました。
そして 一人一人が モノを大切にする心を持ってほしいと願います。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/03/19 20:02】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1420-219139ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。