小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


心が温まる
子どもたちの姿が戻った図書室は楽しいですね。
子供たちと他愛のない話をして。
久しぶりに会うものだから 四方八方から子供たちが話しかけてきて
千手観音ならず 千顔観音にでもなりたいくらいでした(笑)

今日は 蔵書点検てつだい隊に参加できなかった3年生が
不明図書のリストを見て 本探しの手伝いにきてくれました。
リストを眺めては 本棚に向かい 一生懸命探している姿に
1冊でも見つかるといいなぁと祈りながら。

1冊でも見つかると 自分たちが見つけたことで 喜びと感動を味わい
またまたやる気になるんですよね。
今日は1冊も見つからずでしたが 明日また見つけにきてくれるそうです。
不明図書リストを見て 関心を持ってくれ ありがたいと思いました。
こうやって手伝いに来てくれる子供たちが
来年の蔵書点検の大きな戦力になってくれるんですよ。

明日は お別れ遠足です。
出発した後に 教室の捜索に行きます。
1冊でも見つかればいいですけど 見つかったら見つかったで 複雑な気もします。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

simizuさん お疲れ様です。
ご心労お察しします。
私も現任校に異動してすぐ同じ経験をしました。
荷物を運び入れていると 棚に入ったダンボールになにやら紙が・・・。
「廃棄予定の本(すぐにでも廃棄したい本)」と。 ( ̄д ̄) エー
すぐにでも廃棄したい本ならば 
どんな理由があるにせよ 異動する前に廃棄していくべきでは?

箱を開けてみると 破損した本がたんまりと・・・。
蔵書率が100%に達してないから 廃棄の許可が下りないということで
とりあえず箱詰めしてあったようですが
それでも 一応 異動を理由に申請してみるべきだったのではと思いました。
許可が下りるかどうかは結果論でしかありませんから。
どこもかしこも 頭のいたい話があるのですね。

【2010/03/11 22:26】 URL | らりあん #-[ 編集]

ふざけろ?前任者
本日、30冊前後発見しました!イェーイ
…といえないのが、児童や教員のせいではないから…。
ごっそり無い社会科シリーズがあり、じーと眺めていたらムム?大蔵省?
除籍予定図書の中に、「除籍してください」とメモが挟んである状態で混ざっているのを発見しました>_<。してくださいじゃなくて、やっとけよーっ。
うちはしばらくは、外を巻き込まないで探索した方が良さそうです。
画像入り、次回以降の参考にさせて頂きますね。
【2010/03/11 21:31】 URL | simizu #PDrP5gew[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1412-327c6476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。