小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関心が高まる
画像入りの不明図書リストは 子供たちの心をガシッと掴んだようで
目に留め気にかけてくれているようです。

不明図書に関心が高まり 図書室にやってくる子供たちが
「本は見つかった?」「教室の本を見てみたけどなかったよ」
「学童にあったような気がするから見てくる」とか 
子供たちなりに 大変だと思ってくれています。

放課後にやってくる子供たちは 図書室に貼ってあるリストを見ては
本棚を探し回ってくれます。
そう簡単に見つかるわけはないのですが その気持ちがうれしいです。

その影で 貸出カードも抜かずに持ち出している子供がいるわけですから
その子供たちが 不明図書リストをみて 
あるいは 探してくれる子供たちの様子を見て
何か感じてくれればいいなと思います。

咎められるのは 覚悟のいることかもしれませんが
咎められることから逃げていては 「ばれなきゃそれでいい」と
マイナスの思考が常に働いてしまうことになります。
大切なのは 真実と向き合い 自分に正直になることだと思います。

残りは45冊となりました。せめてあと15冊は見つけたいものです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1411-7dbf1b5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。