小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


不明図書リストは画像入りで
不明図書が50冊超えで 蔵点終了。
しかし これでは終わらないのが 私の蔵点。
取立て屋は 最後まで厳しいのです(笑)

前回 中間報告として 不明図書リストを職員に配布しました。
各学級で 話をしてもらえたかどうかわかりませんが
そうしてほしいと伝えるのが大事で。

そして今日。
中間報告後に見つかった図書を外して 
残りの不明図書リストをまた配布することに。
今回は すべての図書の画像を入れて
カラー印刷での配布です。
カラー印刷は学級担任配布用で 担任外は白黒印刷です。
経費節減のためです。

ネットから 不明図書と同様の図書の画像を拝借し
図書名に画像を添えて リストを作ります。
これを各学級に掲示してもらい 担任の力を借りて
不明図書の発見に繋げたいと。

50冊あまりの不明図書で 
ネットから画像を拾ってきてリストを作るのも かなり大変で
また 各学級配布用には カラー印刷のものをと考えていたので
できるだけ枚数を少なめにして インクの無駄を省きたいと思い
取り込んだ画像を 判別できるギリギリの大きさで収め
B4用紙2枚にまとめました。

画像があるのとないのでは 発見率も大きく違います。
画像を入れることにより 視覚的に捉えることができ
その画像も脳裏にも残るので タイトルだけでは解りえない部分が解りえます。

実際に 職員そのもののリストを配ってみると
職員でも 画像を見て 思いつく所在を教えてくれます。
画像効果は大きいので 画像入りの不明図書リストは おすすめです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓


スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

ありがとうございます。
画像探しですが 比較的新しい本は 
さほど時間を要さずに転記できますが
問題は 古い本です。
古い本ほど画像があったほうが 捜索もしやすいのですが
画像は見つかりませんねぇ。

でも 画像がいくつあるだけで注目を引きますし
それをきっかけに 1冊でも見つかってくれるよう祈っています。
【2010/03/09 09:03】 URL | らりあん #-[ 編集]


 おつかれさまです。
画像を入れる作業って、思いのほか時間を使いますよね。50冊ともなると大変でしたね。
 画像効果でたくさんの本が見つかりますように。

 うちはいよいよ週末、職員作業による点検があります。お手伝いはこの1回のみです。
そのための下準備をしています。
 そしてやっているうちにその準備自体が無駄に思えてきてしまいました。 
【2010/03/09 00:16】 URL | yushumam #wXplh1Yc[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1410-18df13e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。