小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この人には言えるけど この人には言えない
子どもが 普段とは違った顔を 図書室で見せることがあります。
この子はいつもと様子が違うな とか
この子はなぜ一人で図書室に来るのだろう とか
ちょっと気になるなぁ・・・ 目が離せないなぁ・・・と感じることがあります。
そのほとんどが直感なのですが これが意外と当たるのです。

やはり気になる子のことは その様子を担任に知らせるべきだと思うのですが
伝え方を誤ると とんでもない方向へ 物事が進んでしまうことがあるので
「伝えること」に かなり慎重になります。

というのも 担任の知らない様子を指摘され 気分を阻害される方や
よかれと思って伝えたことが ストレートにその子に伝わり
図書室に顔を見せなくなったり
私には何でも話せたのに 担任に話したことにより
図書室に寄り付かなくなったり 何も話してくれなくなったり 行き場を失ったりと
よかれと思ってやったことが あだになることがあります。

そんなことになったときは 「言わなきゃよかった」と ひどく後悔します。
そして 信頼関係が崩れてしまい 心を閉ざしてしまうのです。

伝えるタイミングや 伝えても良い相手なのかを
常に 見極める判断力が必要だと感じます。
伝えたことで担任が不機嫌になられたり 子どもが図書室に行くことを禁止されたり
そうなっては もともこうもありませんから。

子ども達が教室で見せない姿を 図書室で見せることはとても多いです。
保健室はもちろんのこと 図書室も そういう子ども達を
無条件に受け止める場でありたいと 常に思っています。
だから 伝えるタイミングって すごく難しいし とても大事だと感じます。
そして何より この人に伝えていいかの判断力が必要だと思います。
何かあれば 子ども達の責任 担任の責任となるのですから。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1380-7a87df5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。