小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おじさんのかさ
おじさんのかさ

「おじさんのかさ」  佐野洋子/作・絵  講談社


先日 ものすごく強い雨がずっと降り続けた日がありました。
そんな日は 雨の本がもってこいですね。

おじさんは とても立派なかさを持っていました。
が 雨が降っても「かさがぬれるから」と そのかさをさすことはなく
かさが雨に濡れぬよう 大事に抱え 雨の中を歩いていくのです。

そんなある日 おじさんが公園のベンチで休んでいると
雨がポツポツ降ってきました。
そこへ 小さな男の子がやってきて
おじさんのかさに入れて欲しいとお願いします。
しかし おじさんは 聞かないふりをしました。

しばらくして 男の子は かさを持った友達の女の子のかさに入れてもらい
一緒に帰ることになります。

「あめがふったら ポンポロロン
あめがふったら ピッチャンチャン」

2人がかさをさし 歌いながら楽しそうに帰る姿に
おじさんも 歌ってみたくなりました。かさをさして・・・そして。



おじさんが かさを大事にする気持ちとは微妙にニュアンスが違うのかもしれませんが
新しいかさを買ってもらって最初の雨の日は 
おじさんと同じように 新しいかさをぬらしたくないと
開くことをためった経験があるのではないでしょうか(笑)



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1377-c7a508eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。