小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


上納金
市町村の学校図書館司書部会は 当然ながら 
都道府県の学校図書館司書部会の傘下にあります。
そのため 市町村の学校図書館司書部会に納める上納金の一部を
都道府県の学校図書館司書部会に納めなければなりません。

ここ数年 財政も厳しくなり 自治体の予算も削減されています。
その中で 司書部会としてどうしても削れないものが
都道府県に納める分です。
事あるごとに この上納金を削減することはできないものかとの声があがりますが
総会の折にお招きする講師謝礼や旅費等に大きな経費がかかったり
遠方からも集まる司書部会長の旅費等も大きかったりして
なかなか削れない事情もあるようです。

しかし 予算は削減 上納金は変わらないとなると
差引き額が 地域ごとの司書部会の活動費となるわけですが
1人当たり数百円程度しかなく 
その中からブロックごとの司書部会を開くための会場を借りたり 
研修にお招きする講師に謝礼を出したり 
文書を発送したり 研修に必要な材料を購入したりと
それらを賄わなくてはなりません。

私も一度役員をしたことがありますが 
そのやりくりは 想像を絶するもので
実際 これだけの運営費で ブロックごとの司書部会を開くことなど
制約なしでは 不可能に近いのです。

だからといって 予算がないからと研修を失くすわけにはいきません。
私たちも資質の向上のため 研鑽は必要不可欠ですから。

各都道府県の上納金って 1校あたりどれくらいのものなのでしょうか。
良かったら教えてください。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1376-3ac5156f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。