小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


学級数が多いゆえのジレンマ
学級数が多いと 図書室の利用が決まった時間にしかできず
調べ学習があっても 思うように利用が出来ないため
必要な図書をコンテナに詰めて 学級・学年貸出で対応しています。

あらかじめ必要な本をひとまとめにしておくことは
時間を無駄にせず 効率よく学習を進めることができますが
それを調べ学習と位置づけてよいのか・・・
しかし 図書室利用がままならないのでは 仕方ないところです。

調べ学習というのは テーマを持ち そのことについて調べ進めるのですが
図書室に来て どの本から調べたら良いのか右往左往することが
調べることのスタートではないかと思うのです。

まずは そのテーマは何かと 百科事典で調べ
テーマの意味がわかったら じゃあ このテーマの何を調べるのかを定め
調べたい事柄がどこの書架にあるのかを図書記号をヒントに見極め
目的の事柄が載っている本にたどり着き 要点を抜き出し
わからない言葉や事象に印をつけておき あとで調べ
さらに 自分の言葉でまとめ 仕上げていきます。

調べることは 必ずしも1度で終るとは限りません。
終らないときは どうするか。
出典(書名やページ数)をメモしておき
休み時間や次の学習の時に 時間のロスを省き スムーズに学習を進められます。

その一連の作業を 図書室で行うことに意味があり
その一端を司書が担い(レファレンス)
調べることが苦痛ではなく面白いと感じるよう 調べることの楽しさも導き出し
その達成感を味わわせ 次の調べ学習に繋げます。
そういう気持ちを導き出すには 図書室という場が大事なのだと思います。

児童数が多いと利用時間に制約があり そうしたいけれどそうできない事情もあります。
もしも近くに空き教室があれば 調べ学習専用の第二図書室にできると
多少は解消されるのですが なかなか難しいところです。

前任校は単学級だったので 調べ学習にずいぶん深く係わりました。
現任校で係われないのが 今 大きなジレンマになっているところです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント
Re: 第2図書室
第二図書室があればあったで 管理は大変ですし
図書の線引きも難しいところです。
どちらかをとればどちらかにしわ寄せが・・・なんですよね。
「からだ」は別としても「恐竜」は 調べ学習にも使いますし
個人的趣味でも読みますし 難しいところですね。
こういった本が 調べ学習室が別にあると 難しいところなんですね。

>扉続きの隣の部屋
パーテーションで区切ったくらいがいいですね。
重々しくなく 調べ学習室にない本を 気軽に取りにいけるような。
そんな教室あればいいのですがw

書架の並べ替え お疲れ様でした。
思い切りと気合がないと 並べ替えは乗り切れないし
この大変さは経験者にしか解からないことですね。
言葉では簡単に「並べ替え」といいますが
いやいや ほんとに大変で・・・。
でも 利用者が利用しやすいことが大前提なので
その姿を見れば 苦労も救われますよね。

【2010/01/31 15:55】 URL | らりあん #-[ 編集]

第2図書室
うちは、廊下を挟んだ向こうに
0~8が納まった調べ学習室があります。
贅沢な事なのですが、そちらでの授業には関わらせて貰えないのでそれはそれで問題が…。
やはり理想は、扉続きの隣の部屋ですねぇ。
91(詩)→92~99混ぜこぜ(外国の文学)→91(日本の文学)になっていた書架が気持ち悪くて、日本→外国にガッツリ並べ替えました!
後は、読み物専用のような図書室に何故か残された「体」と「恐竜」を調べ学習室に送り込みたいのですが、調べ学習に使わないって意味なのかな?というのが探れずにいます。


【2010/01/31 11:16】 URL | simizu #PDrP5gew[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1371-db7696bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。