小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蔵書点検 それぞれのやり方があるのです
蔵書点検のやり方や期間について
とやかく思っていらっしゃる方がいます。

前任者は もっと短期間でやっていたとか
ひとりでやっていたとか。

でもよくよく聞いてみると
前任者が短期間でやっていたのは 残業をしてのことであり
ひとりでやっていたのは 彼女なりのやり方であっただけのことです。
残業をしても 手当てはつきません。
教員の残業と同じに捉えられても困りますし
それが当たり前のことだと捉えられてしまうのも困ります。

とはいえ 蔵書点検の目的はただ一つです。
そのやり方には こうすべきというマニュアルはありません。
それぞれの司書が いかに短期間で効率よく正確に数字を弾きだすか
それだけを考え あれこれ方法を試しながら 
自分なりのやり方を 定めていきます。

私は 作業効率をあげるためにという理由だけで
子ども達のお手伝いを請っているわけではありません。
蔵書点検という作業を体験することにより
蔵書点検がどういうものか どれだけ大変な作業なのか
本がなくなるという事実 どれだけ多くの本がなくなっているのかという現実を
身を持って感じて欲しいと思っています。

蔵書点検期間についても 短く設定して終らず延長となるより
やや長めに設定して 予定より早く終わりました の方が
点検をやる方としても 利用する側としても 捉え方がよいのではと思っています。

蔵書点検を効率よく終らせたいと
誰よりも願っているのは 私自身であり
蔵書点検は精神的負担も多く 
長期間 そのモチベーションを維持するのは とてもツライことなのです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1357-b8a00078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。