小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


学校図書館図書標準と廃棄
文科省が定めた「学校図書館図書標準」というものがあります。
学校図書館図書標準」とは
公立義務教育諸学校の学校図書館に整備すべき蔵書の標準冊数のことです。
計算式があり その計算式に学級数を当てはめ計算すると
自校の 標準蔵書冊数を割り出すことができます。

基準となる標準冊数を100として 自校はどうなのか
蔵書数は 標準冊数を越えているのか 不足しているのかの
判断材料になります。
基準に満たしていないと 当然 蔵書数を増やすために
多くの予算を要求したり 購入する際に冊数を増やすために
安価の本をできるだけ多く購入したりと 様々な努力をします。

標準冊数を越えている学校はというと
予算が削られる可能性があるので 廃棄に躍起になります。
まだまだきれいな本でも 利用率が低い本は
廃棄の対象になります。

じゃ 本当に 廃棄に該当する利用率の低い本は読まないのか というと
一概に そうだとは言い切れません。
膨大な数の本が図書室にあるのです。
人気のある本や 話題の本は 宣伝なくしても
注目を集め 需要も高いです。

しかし 長年図書室にある本は 映画化でもされない限り 陽の目を見ることが少なく
ごくごく少数の利用率 もしくは 利用はないということも多くあります。

前任校は 児童数の減少により おのずと図書標準は常に100%を超え
きれいな本でも 利用率が低ければ 廃棄処理をしなければなりませんでした。
けれど実際は 廃棄といえど 本当に捨ててしまうのではなく
汚損破損がなければ 一部を学級文庫に再利用してもらいました。

実におもしろいことに 教室に引き取られていった途端
脚光を浴びることもあるのです。
要するに 教室においておくと 図書室のように本だらけではないので
それらの本が 頻繁に目に留まります。
また 朝読の時間に ほんの準備ができていなかった子どもが
仕方なく学級文庫を利用すると それがきっかけで はまってしまったというケースもあります。

図書室で人気がないから 学級文庫にしても見向きもしないと判断するのは 
あまりにも性急すぎではないかと思うのです。
エコの観点からいっても 廃棄といえどきれいな本だけでも
今一度 その先の使い道について 猶予を与える方法も考えてみるべきかと。
その先で 役目を終えたときに 本当の廃棄処分にしても遅くないと思います。

現任校は 図書標準に達していません。
新興住宅地にある学校なので 児童数の急激な増加により 
学級数が毎年増えていくのです。

蔵書数を増やすために 予算要求も大幅なUPをお願いするのですが
この経済状況の中 増額はほとんどありません。
そうは言っても 本が傷んだり 
調べ学習用の図書は鮮度が失われ 入れ替えが必要だったりするので
廃棄も避けられません。
廃棄をすれば 蔵書数は当然減るわけで 
それでも 廃棄はできるだけ押さえ気味にしていますが
図書標準をクリアするのは なかなか厳しいものです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1352-70e11a6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。