小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご存知ですか? 2010年(平成22年)は『国民読書年』ですよ!!
あけましておめでとうございます。
昨年もご愛顧くださりありがとうございました。
本年も相変わりませずよろしくお願い致します。
今年も良い年でありますように。
皆さんにおきましても 良いお年でありますよう
心より願っております。

今年はどんな年になるのでしょう。
2010年(平成22年)は『国民読書年』です。


国民読書年
     じゃあ、読もう。



ロゴとキャッチフレーズの使用は どなたでも使用OKとのことですので
さっそく使用させていただきました。


それでは 具体的に どのようなことが行われるのでしょう。
調べてみました。
国民読書年に関する決議』に 記載されていますので ご覧下さい。

ここに 2010年を『国民読書年』に定めた経緯が記載してあります。

『一九九九年に「子ども読書年に関する決議」を両院で採択、
二〇〇一年には「子どもの読書活動の推進に関する法律」を立法、
さらに二〇〇五年には「文字・活字文化振興法」を制定し、具体的な施策の展開を推し進めてきた。
それらに呼応して「朝の十分間読書運動」の浸透、読書の街づくりの広がり、
様々な読書に関する市民活動の活性化など、読書への国民の意識は再び高まりつつある。
この気運を更に高め、真に躍動的なものにしていくため』(抜粋)と。

そして
これにより『政官民が協力し、国をあげてあらゆる努力を重ねる』(抜粋)となっています。
国民読書年行動計画』というものは できているようですが
具体的にはこれからというところでしょうか。
私たち学校司書もその一部を担うようですが
素案すら 私たちの手元には下りてきてはいません。

学校図書館も関係する行動計画がありながら
国民読書年推進会議のメンバーの中に 学校司書が1人もいないのは気になります。

また 学校図書館の現状を 
机上の調査資料の中の数字だけで議論してもらっても困ります

はじき出した数字には 各々の学校の実情や事情など
資料からは見えないものがたくさんあります。

だからこそ 現場の声というのはとても大事で 
特に地方の学校の声というのは切実なものがあり 
資料だけでは その実情を図り知ることができないのではないでしょうか。


推進会議のメンバーにしても 中央に寄ったところが多く感じられ
地方の声が届かないのではないかとの不安もあります。

せっかくの『国民読書年』を無駄にしないよう
読書にかかわるすべての人たちが 手を取り合って 
充実したものにしていけたらいいなと思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓


スポンサーサイト

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1343-b2189571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。