FC2ブログ
中学校の図書室で司書をしています。図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴20年。中学校勤務。
現校は6年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



僕は国語が得意です
5年生の図書の貸し出しの時に
ある男子が「絶対借りないといけないのか」と私に尋ねてきました。
「絶対ではないけれど 本を読むと国語の力がつくよ」というと
「僕は国語が得意だから 読書はしなくても・・・」と言い返しました。

これぞ屁理屈なのですが 国語が得意だから読書はしなくていいわけでもないですし
国語が不得意だから読書をしなければならないわけでもないですし
結局のところ 何かと理由をつけ 読書はしたくなかったのでしょう。

でも これで引き下がる私ではありません。
「読書をすれば 知らない漢字も 文の前後関係で理解できて
覚えることに繋がるから 国語力を伸ばすためにも
読書は決して無駄にはならないよ。
むしろ その逆で もっともっと国語の力が伸びるよ」といいました。

すると やっぱり読書をしたがいいのか・・・という表情に変わり
すーっと 借りる本を見つけに消えていきました。

そして・・・ 読んでみたいと思える本が見つかったらわざわざ
私に見せにきました。
しかも MAXの4冊 しっかり借りていましたし。

私の言葉が彼の心に響いたかどうかはわかりませんが
でも なにかがきっかけで 読書をしてみようと思ってくれたなら
1冊でも本を借りたことでまず 一歩 踏み出したことになるでしょう。

本音をいうと ただ借りただけで読まなかったという結果にならないよう
読書に目覚めてほしいと思いますけどねw



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




スポンサーサイト




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1331-c7fbdedf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)