小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


挨拶をしない子どもたち
年々多くなっていると思いませんか?
図書室もですが 他の場所でも
挨拶もせずに 部屋に入ってくる子どもたち。

返却期間が過ぎて返しに来ても
黙って返す子どもたち。
「何か一言ないの?」と聞いても
何を言っていいのかわからない様子。
「遅れてすみません」とか「返しにきました」とか
これも社会勉強だと思うのですが 何も言わない子どもたち。

もちろん ちゃんといえる子だってたくさんいます。
でも 言えない子どもが 年々増えています。

もっとも気になるのは 返し忘れの本を 担任に預け
担任が 私に返却することです。
それは優しさなのかもしれませんが
それでは 子どもは育ちません。
謝る勇気 事情を説明する行為 反省の気持ち
自分の口で伝えるべきことがあるはず。
だから 担任の手での返却は とても残念に思います。

大人の手が至れり尽くせりだと
こんな時 どうしたらいいか という社会勉強ができません。
迷っても悩んでもいいから 自分の言葉で
大切なことを伝えることが大事ですし
できないのであれば 訓練をする必要性もあると感じています。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

言葉にしなければ 真意が伝わりませんよね。
返却遅れても 例えば インフルで休んでいたとか正当な理由があるとき
何も言わなければ事情がわからないわけですから
遅れての返却を一喝してしまいますよね。
しかし よくよく事情を聞いてみれば・・・ということがよくあります。
どんな理由で遅れたのかを伝えるのは 最低限のマナーだと思います。

でも 大人が最大の原因かもしれないんですよね。
忙しい世の中になって 子どもにイチイチ構っていられず
子どもの言葉を聞く前に 大人が「○○なのよね?」「○○なんでしょ?」と
先回りして言ってしまうから 
子どもは「うん」とうなずくだけで 何も言わずしてすんでしまいます。

なので もしかしたら そういう子ども達にしてしまっているのは
私達大人なのかもしれません。
子どもの言葉を待つ心の余裕を 大人も持たなくてはいけないと感じています。
【2009/12/16 20:36】 URL | らりあん #-[ 編集]

そうですね。
 期限を過ぎて、返す子でなんとも思ってない感じの子いますね。
 逆に『泣きそうな顔』で返しに来る子もいますけど。

 あいさつ。わが子にも注意して教えなきゃと思いました。
【2009/12/16 06:31】 URL | yushumam #wXplh1Yc[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1327-6ef73538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。