小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


光とともに・・・
光とともに・・・



「光とともに・・・10 自閉症児を抱えて」

戸部けいこ 著 秋田書店


この本は以前 ドラマ化されたことがあります。
篠原涼子が母親役でした。
このシリーズも10巻目が発売されました。
この巻でいよいよ 主人公の自閉症児『東光』君が
中学生になります。

私も間接的にですが
自閉症児の子どもと接した経験があります。
図書室に来ることが 毎日の生活のリズムとして定着するまで
私は自分から近寄っていくことはしませんでした。
担任が出張でも そのリズムはけっして変わることがありません。

徐々に徐々に接する機会をつくり
何かを無理に押し付けることなく
自然な形で接点を持っていきました。
興味関心のあることに加わってみたり誘ってみたり。
その結果 良い方向に流れていったら
それから 少しずつ関係を作っていくのです。

私がその学校を去るまでに しっかり懐いてくれました。
仕事も 約束事を決め 任せると
生活のリズムとして自分の中に組み込み
横についていることで 上手にやってくれます。

また 心も開いてくれます。
私なら許せることも 少しずつ増えてきました。

健常児の子どもに対しても そうなのですが
やはり お互いの信頼関係というのは 
とても重要だと思います。

「光とともに・・・」の中でも
何度となく そのことが繰り返されます。

そして 病気を知ること。
固定概念にとらわれず 
その子その子の『個性』に眼を向けることが大事です。

障害を障害と見れば 偏見が生まれます。
ですが 障害をひとつの個性だと見れば
健常児にだって 誰だって持ち合わせているのです。

「光とともに・・・」は
いろんな意味で 勇気を与えてくれる一冊だと思います。

スポンサーサイト

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>イリスさん

こんにちは。
ご無沙汰しています。
私も この本との出会いは
ドラマが先でした。
ブログにも書いているように
自閉症児との出会いが
自閉症というものに眼を向けるきっかけとなりました。

障害も個性としてみれば
特別なものではないんですよね。

ドラマを通して 漫画を通して
1人でも多くの人が 
障害の壁を取り払ってくれることを願っています。
【2006/10/05 20:55】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]


かなりご無沙汰していました。お久しぶりです。

私も「光とともに」をテレビで見て、最近漫画にも手をつけ始めました。
図書館で予約待ちなので、まだ2巻しか読んでいませんが、光くん、中学生になるんですね!
ドラマではもっと小さいころ(幼稚園くらい~1年生だけでしたっけ?)
しかやっていなかったので気になります。

この間ドラマの再放送をやっていて、久しぶりに見ていたら
最終回でまた泣きそうになりました。

おかげで”自閉症”に対する偏見が無くなったと思います。
私も他人には分からないこだわりがあったりしますしね…
【2006/10/05 14:57】 URL | イリス #gly4Kv1.[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/131-4f687dbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。