小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「事業仕分け」により「子どもの読書活動の推進事業」の廃止が決定
ひどい、ひどすぎます。
またしても 子どもが犠牲に。
文句も言えない子どもが犠牲になるこの施策はいったい・・・。
削減すべき 廃止すべきところはもっと外にあるはず。
例えば 国会議員の定年制 議員報酬の引き下げ・・・。

来年度の予算を早々に決定しなければいけないのはわかります。
しかし 一番最初に 足元を見つめるべきでは。
その他の部分の多くは 子どもに絡む案件ばかり。
その他というのは なにかよくわからないけれど
現状のままでいいと判定されたものがないというのであれば
これらも なにかしらあるわけで・・・。

やっと 国を挙げての子どもの読書活動推進が叫ばれ
それに伴い 司書の配置や図書館の整備も進み
ようやく 図書館や読書というものが 確立されてきたというのに
なんということでしょう・・・。

「地方や市民レベルの活動があり、国が行う必要はないのではないか」との意見が出され
廃止が決まりました。
確かに 地方や市民レベルでの活動がありますが
その活動を支えているのは 「子どもの読書活動の推進事業」という大きな看板です。
バックアップあってこそ 活発な活動ができたのです。
その手立てがなくなってしまえば 活動資金もままならず
結果 活動休止・停止、規模縮小、事業の見直しなど
決して良い方向には進まないであろう予測ばかりが 頭の中を巡ります。

来年度 子どもの読書活動が どのような経緯を辿って行くのか
とても不安に感じます。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>ふぉーふぉーさん
コメントありがとうございます。
興味深く拝見させていただきました。

結局 文句も言えない子どもたちの教育の場を
大人の不合理な都合で 脅かされてしまったのですね。

「理科支援員」廃止に関連した記事を新聞で目にし
忙しい担任に代わって 実験の準備をしたり 
実験中は 教師のサポートとして
ひとりでは手が回らない部分を 丁寧に指導したり
序業が終われば 片付けも担っていただける
教師にとっても 子どもたちにとっても 本当にありがたい存在で 
それを意図も簡単に廃止してしまうとは
これぞまさに「机上の空論」だと 怒りを覚えたことを思い出しました。

予算削減となれば 教育の場はいつもターゲットにされ
文句を言わない子どもたちが犠牲となり
読書の機会にしろ 未来を担う子どもたちの成長の一端を
何のためらいもなく捥いでしまう姿に
学校現場はどれだけ落胆したことでしょう。

事業仕分けをするならば 国会議員に定年制を設け
定数削減をし 人件費を減らすことが
どれだけ大きな節約か わからないのでしょうか。

本を読む子どもを育てないと 未来に希望は持てないと思います。

【2010/07/15 23:45】 URL | らりあん #-[ 編集]

だいぶ遅いですがコメントさせていただきます
この件は日教組の影響が色濃く反映されたようです。
私も当時文科省へ意見を送りましたが、無駄だとは思っていました。
今は日教組とは協調路線ということになっていますが、
文部省時代から社会党とは省庁の中でとりわけ対立が大きかったので。

関連する日教組のおおまかな主張を先に挙げてみます
・競争してはならない ・評価してはならない
・道徳教育は学校ではすべきではない ・性教育を拡大すべき

日教組は読書活動自体には賛成なのですが、読んだ量や読んだ後の
感想を評価するのが子供への能力評価、競争になるという理由で
反対していたのです。

同様の理由で、学力テストが縮減、センター試験も廃止議論がはじまり、
英語授業予算や道徳授業予算も縮小されました。
英語に関しては日教組以外の教職員の方々は必要との立場だったようです。

予算を満額守られたのが、仕分け人が見直しと決めた後に
民主菊田議員が一存で満額確保した劇予算の件と
増額となった小中学校の教職員人件費(民主党枝野議員の一存)です。
劇活動は日教組の重要な政治運動として長年行われてきたものだからかと思います。

事業仕分けではないですが、過度な性教育を止める男女共同参画関連の条文も削除されました。
教職員の免許制度も現制度は廃止になります。

労働組合連合の中から日教組だけの普段の主張と実行されたものを
拾ってみましたが、これだけあります。


読書関連の事業仕分けの詳細はこれです。事業名:子ども読書応援プロジェクト
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/pdf/nov11-am-shiryo/3-2.pdf
この中の
「事業/制度内容」「4.子ども読書活動推進に関する評価・分析事業」

ここが日教組と対立する項目となりました。

残念ですね。政策の実施とそれに対する効果を検証するのは、
対象がなんであれやらないというのは理解しがたいです。

学力テストの結果や教職員免許も実は同じで、
生徒だけでなく教職員の能力評価の指標になってしまうため対立するのです。
要するに教職員の聖域を侵すことなかれということなのでしょう。

小中学校の教職員人件費増額は、小中学校の教職員の負担軽減でもあります。
しかしながら、ポスドク対策予算である「理科支援員」は廃止となりました。
恒常的なポスドク解決にならないとの事ですが、これこそがもっとも嫌われる
外部の人間が教育に入り込むという結果になるからではないでしょうか。
小中学校の先生方は英語(今までやってなかったのでこちらは当然です)と
とりわけ理系分野が不得意な方が多いと、文科省調査で分かっており、
無駄とはいえない事業だと思います。

面白い事に日本の政権交代と真逆の政権交代が起きた韓国では、
日本で行われた教職員免許制度の導入が決定し、日本が法律制定以前を含めると
20年以上にも及ぶ読書活動は実績を鑑み、導入が決まりそうです。

韓国の前政権も日本の現政権と同じ労働組合政党で、日教組と同じような
組織を抱えており、国からの支援予算に10倍の差をつけていました。
教育以外でも民主党の政策は韓国前政権の政策をなぞっているような所が多々あります。
逆に現韓国政権は自民党政権を追いかける形になっている部分があります。
【2010/07/15 13:55】 URL | ふぉーふぉー #GgOSkG0c[ 編集]


>千曳さん
ありがとうございます。
さっそく拝見します。ここからみんなの「思い」が届くといいですね^^
【2009/11/17 21:21】 URL | らりあん #-[ 編集]


http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm

ここで、行政刷新会議事業仕分け対象事業について、意見できるみたいです。
子どもの読書活動の推進事業について意見してみませんか。
【2009/11/17 19:25】 URL | 千曳 #wN0Wm1K.[ 編集]


>カメリアさん
レスありがとうございます。
確かに 誰一人と借りない本というのは多数存在します。
しかし 私たちは読まれない本をそのままにはしません。
あらゆる手段 手立てをして なんとか読ませる努力をします。
その結果として 誰一人と借りない本が出てきます。
だからといって 手放すかというと すべての本がそうとはいきません。

絵本は特に絶版になっていて二度と手に入れられなかったり
今は注目されなくても ちょっとしたきっかけ(例えばメディアの力とか)で
また 注目されたりすることもあります。
そういう本を 安易に手放せばいいといわれるのは
やはり 現場を知らないからだと思います。

本当に必要か必要でないかは TOPの人間が議論することではなく
現場にいる者の判断が一番正しいのではないかと思います。
【2009/11/16 20:24】 URL | らりあん #-[ 編集]

だーめだこりゃ
「子どもの読書活動推進事業」をめぐり藤原和博氏(大阪府知事特別顧問)は学校での「朝の読書は成功している」としつつ、「子どもが一人も借りていない本がある。ブックオフにでも売ればいい」と同事業は廃止の結論に。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-11-12/2009111202_03_1.html

ひどい話だ・・・。
つまり、貧乏人は古本屋で買え、サービスを利用するなっつーことですか。
現場が分かっている分かっていない、という問題じゃなくて、「無駄だから削除、質問は聞くな」ということですな。

大阪府立国際児童文学館を廃止した、大阪府知事の
顧問の発言、というのは、やはりそういうところがあると思いますね。
【2009/11/16 10:07】 URL | カメリア #-[ 編集]


>つゆさん
いえいえ^^
つゆさんも いろいろな思いがあってのことだと理解しています。
同志ですから つゆさんの思いもよくわかりますし
とても大切なことを仰っていらっしゃると感じています。
貴重なコメントありがとうございます。

>らりあんさんは今回の事業仕分けに学校図書館の費用が含まれているとお考えなのかな
いえいえ。学校図書館の予算は 各々の自治体で決まることですので。
5カ年計画、新5ヵ年計画で 学校図書館の充実のための予算が地方交付税に含まれて
各自治体に下りてきていたのですが 地方交付税のため ずっと曖昧にされてきました。
「子どもの読書活動の推進事業」が廃止されたとしても 
その費用はもともと正しく使われていないので
自治体の予算の中での影響は ほとんどないと思っています。

>>そもそもボランティアというのは 学校や公共図書館が依頼して活動しているものではなく
と書かれていることもあり、多分地域性もかなり違っているのでしょう。
うーん・・・ 地域性があったとしても ボランティアというものは無償奉仕です。
それを 依頼して活動してもらっているとするならば
それはもしかしたら サークル的なものを指すのかもしれませんね。
【2009/11/15 01:38】 URL | らりあん #-[ 編集]

書き方に誤解を招く点があったことを
まずはお詫びしたいと思います。
ボランティア活動に携わっている方々を揶揄する意図は、毛頭ありません。「貴重な時間を割き、苦労して運営」全く仰るとおりです。
たまたま私の担当校に入っていないのも、諸般の事情で学校全体が部外者の出入りに厳しくなっているせいで、ボランティアの方々への偏見に基づくものではありません。

ただ、公立図書館や公民館・一部の学校図書館に見られる、「自前で司書を雇うよりも、ボランティアにちょっと補助金を出した方が安上がり」的な考え方をしている勢力(現場を知らない「偉いさん」です)、「図書館の仕事なんて、ボランティアにちょっと教えれば簡単にできるんでしょ」といった無理解を問題視しています。
当地の公立図書館が自前の職員の数をギリギリに押さえ(ほとんどの人が非正規雇用)、配架や読み聴かせのボランティアをガンガン募集→図書館との縁&補助金を切られては立ちゆかない各ボランティア団体が、かなり無理をして人を出してくれているという事情もあり、「良いボランティア活動に補助はしても恩にきせたり圧力をかけたりしない、図書館や学校の活動は公が責任をもって行う」という基本姿勢が必要ではないかと思っているのですが・・・「丸投げ」というのは不適切だったかも知れません。申し訳ありません。
ボランティアの方々には、「天下りを潤している等といった疑いのない、透明性のある、受け取ることによって縛られない」補助の仕組みが新たに必要なのだろうと思っています。

らりあんさんは
>そもそもボランティアというのは 学校や公共図書館が依頼して活動しているものではなく
と書かれていることもあり、多分地域性もかなり違っているのでしょう。その辺りを見落としたコメントを付けたことには、重ねてお詫びを申します。
「担当者の自己満足」みたいな啓蒙パンフレットも地域の問題なのかな・・・よその地域でどのような啓蒙活動が行われているのかも、もう少し勉強したいと思います。

>私は 個人的に不安に思うことを書いただけで 
>具体的な中味については 触れていませんよ。

この記事についている下記のコメント
>お金なくして 学校図書館充実に どう携って
>いけばいいのか 皆目見当がつきません。

より、「らりあんさんは今回の事業仕分けに学校図書館の費用が含まれているとお考えなのかな」と思って付けたコメントです。
私としては、「事業仕分けで学校図書館や司書の予算削減が決まっちゃったよ」というような誤解が広まること(実際メディアでもそのような発言が聴かれました)、そういう誤解に便乗して上の方から学校図書館関連の予算の引き下げ圧力がかかることを一番恐れています。それと、同様の誤解により学校現場の士気が落ちてしまうことも。

今回の事業仕分けに関しては、当面「啓蒙活動の費用対効果や、各種団体へのお金の流れの不透明性が疑問視されたようだが、子どもの読書の重要性自体に×が付いたわけではない。むしろ地域・家庭・ボランティアが動きにくくなる分、公立図書館・学校・司書の役割は増していく。堂々と予算の拡充を訴えていきましょう!」という線で、仕事をしていこうと思っています。

お忙しい中、長文レスをありがとうございました。色々考えるきっっかけを頂き、感謝しています。お目汚し大変失礼いたしました。
【2009/11/15 01:03】 URL | つゆ #oqyWhu/.[ 編集]

Re: まず正確な情報を>事業仕分け
>つゆさん
はじめまして。
レスありがとうございます。
不正確な情報を元にといわれていますが
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091111-00001082-yom-pol
このニュースを元に書いたのですが これは不正確な情報だったのでしょうか。
私は 個人的に不安に思うことを書いただけで 
具体的な中味については 触れていませんよ。

「子どもの読書活動の推進事業」が行われる中で
子どもの読書活動は確かに成長しました。
つゆさんが つまらないと仰られる啓蒙パンフによって 
初めて図書館の実態を知った方もいらっしゃいます。

読書活動をボランティアに丸投げしているなどということもありません。
そもそもボランティアというのは 学校や公共図書館が依頼して活動しているものではなく
子供達をもっと本と触れ合わせたい 本の楽しさを知って欲しい
読み聞かせによって本好きな子供を増やしたい など 
様々な思いを持っていらっしゃる方々が 
ぜひともやりたいと 自分達の意思で 子ども達のために活動なさっているのです。
ボランティアさんの活動には 頭の下がる思い 感謝の気持ちでいっぱいなのですよ。
また「ボランティアさんが『大活躍』」という仰り方も 大変失礼だと思います。
運営には大変なご苦労をされているのです。
また子ども達のために 貴重な時間を割いて活動なさっているのです。
本当にお世話になっているのです。
つゆさんの発言は 不用意なものだと思いますよ。
様々な力があって 子ども達の読書率はあがっているのです。

とにもかくにも今回の「子どもの読書活動の推進事業」廃止の決定は
すべて子供達に返ってくるものです。
つゆさんが仰る「啓蒙パンフ」にしてもボランティアさんの活動に対しても。

「子どもの読書活動の推進事業」の中味がどうこうということではなく
この事業の見直し自体が不安だと書いたのです。
ご理解いただけないでしょうか。
【2009/11/14 23:32】 URL | らりあん #-[ 編集]

まず正確な情報を>事業仕分け
はじめまして。同業者(小学校司書)のつゆと申します。

「子どもの読書推進事業」ですが、今回、事業仕分けの対象になったのは、大ざっぱに言うと「子供を持つ家庭や地域の啓蒙活動」と「ボランティア育成」であり、学校の図書予算や、司書の研修は「廃止決定」の対象外です。
文部科学省のサイトでは、この辺りがごっちゃに「子ども読書推進の方策」となっていますが、仕分けの対象になったものがどれかは「行政刷新会議」のサイトで見ることが出来ます(11/11配付資料:午前の部8)。
個人的には「つまらない啓蒙パンフを作ったり、ボランティアに読書活動を丸投げしたりしないで、予算を図書購入や司書雇用に回してほしい」と思っているので、今回の仕分け結果は歓迎ですが、この辺りは立場により評価も色々でしょう(私の勤務校はボランティアの関与がほとんどないので。ボランティア大活躍の学校とは違ってくるでしょうし)。

ただ、不正確な情報を元にご意見を発信されるのは、学校司書という立場からしていかがなものかと思いましたので、失礼を承知でコメント付けさせていただきました。乱文申し訳ありません。
【2009/11/14 20:34】 URL | つゆ #oqyWhu/.[ 編集]


>千曳さん
レスありがとうございます。
お金なくして 学校図書館充実に どう携っていけばいいのか
皆目見当がつきません。

本当に 現場をわかって 現場に足を踏み入れての判断だったのかと
仕分け人と呼ばれる方々の見識の信憑性に疑問を抱いています。

学校図書館が今どのようにあるかを踏まえての
今回の結果であれば 納得いきます。
ですが この結果は 全国の様々な学校図書館の現状を踏まえた結論ではないと明らかです。
現場を見たら けっして このような判断はくだらなかったはず。

今日のニュースに 「小学生平均は年35・9冊 図書館利用が過去最多 
19年度、文科省調査 」(http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/?b=39&t=d&d=20091113&c=top)とありました。
しかし この施策がなくなれば 過去最多も20年度限りかもしれませんね。
【2009/11/13 22:34】 URL | らりあん #-[ 編集]


>モトヤンさん
レスありがとうございます。
モトヤンさんの仰るとおり 読解力はすべての教科学習の根底にあるものです。
学力低下が叫ばれる昨今 学校図書館には 
国の更なる力添えが必要だと思っていました。
いったい誰が打ち出したのか 本当に子どもの将来を考えてのことか
当の本人に問いただしたいです。
【2009/11/13 22:21】 URL | らりあん #-[ 編集]


悲しいことですが、これを一つの教訓とし、
限られた予算の中で、より一層学校図書館が充実できるように、
努力していきたいと思います。
これも有権者の大多数が、本も読まず、
テレビなどのマスメディアの言うことを鵜呑みにして、
自分の頭で考えることをしなかった結果ですよね。

選挙前に掲げられていた政策は、財源のことを考えると、
いろいろと切りつめて、かなり無茶をしないと
実現不可能なことはわかっていたはずですし、
そんな無茶をしてまでしてやる必要がない。

学校教育をはじめ、本当に必要な予算を削ってまで、
子供のいる家庭にお金をばらまかなければいけないのか、
少し考えればわかりそうなものなのに。

別に子供たちを政治的に特定の方向へ誘導するわけではないですが、
子供たちが自ら進んで本を読み、
幅広い知識と自分の考えをもつことができるように、
蔵書構成を考えていかなければいけないなと思いました。

例えば、外国人参政権。
外国人には参政権がない→差別、かわいそう。→賛成 という単純な理解ではなくて、
外国人参政権の何が問題なのか、
実際に参政権を与えている国でどのような問題が発生しているのか、
そういったことを調べた上で、自分の意見を持つことができるように。

【2009/11/13 20:05】 URL | 千曳 #wN0Wm1K.[ 編集]

国にとって大切な事業であるはずなのに
子どもの読書活動の推進事業廃止。
小さい頃から本に親しむ
これは子ども達の学力向上にとって
とても大切なこと。
当然国をあげて取り組むべきことだと
思われるのに。
「国が行う必要はなし」
との意見を出したのは誰?
本当にその意義がわかってるのでしょうか。
他の事業の仕分けについても
信頼することはできないような
嫌な予感がします。
【2009/11/13 16:59】 URL | モトヤン #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1294-e4a876b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。