小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


言葉ひとつ 気持ちひとつ
教員の上から目線の一言一句に敏感に反応する日々。
というのも この学校に来て 頻繁に
私は「小間使い」ではないのか と思うからです。

先日もこのようなことがありました。

2年生の国語の教科書に いくつかの絵本が出てくる単元があります。
担任から 「この単元に出てくる絵本を 図書の時に読んでもらいたいのだけれど
たくさんあるので 早いうちから読んでもらうといいと思うので・・」と。

前任校でも 同じ単元で 読み聞かせを頼まれましたが
ちょっとニュアンスが違っていました。
「この単元に出てくる絵本を読んであげたいのだけれど
私ひとりだけでは 到底読み聞かせは終らないので 
図書の時間にも 読み聞かせを手伝ってもらえると助かるんですけど」といわれていました。

前者は すべてを私にさせようと受け取れますが
後者は 私(教師)もやるけど 私の手も借りたいと受け取れます。
前者は上から目線 後者は対等に感じます。
明らかに意識の違いです。

前者の言われ方だと 私ってなんだろうと 悲しい気持ちになります。
後者だと 大変だから手伝いますよ と 優しい気持ちになれます。

言葉一つ 言い回し一つで 人は優しくなれるものなのに
便利に使おうという気持ちが あからさまに出ているようでは
優しくありたい思っていても つい冷たい口調になってしまいます。

教員と対等になりたいと思っているわけではありません。
教師と司書は まったく別物ですから 
互いに尊重しあい 助け合っていくものでありたいです。

また 愚痴になってごめんなさい。
想いが満タンになると どこかでガス抜きをしなくてはいけません。
明日から頑張るために ここに書いて 気持ちを入れ替えます。
教員さんを不快にさせてしまったとしたら すみません。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1275-0c7958a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。