小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ともだちのたまご
ともだちのたまご

「ともだちのたまご」  さえぐさ ひろこ/作 石井 勉/絵 童心社


新しい町に引越しをしてきたばかりのちびうさぎは 友達がいませんでした。
ある日 友達を作りに 森に出かけます。
子りすや子ざるに 友達になって欲しいと言いますが
あっさりお断わりされてしまいます。

そこへ カラスがやってきて ちびうさぎの持っていたクッキーと
友達が出てくるという「ともだちのたまご」を交換します。

落ち込んでいるところに 慌てたこぎつねがやってきます。
子ブタから逃げてきたこぎつねは ちびうさぎのおかげで
2人をまくことができました。

こぎつねは 悪い子?

ちびうさぎは こぎつねに対し不信感を募らせるのですが
こぎつねの優しさに触れ その考えが間違っていたことを確信しました。

一方で ちびうさぎは 幾日も幾日も たまごが孵り 友達がでてくることを待ちます。
たまごに 歌を歌ってあげたり 土の中に埋めて温めてあげたり・・・。
しかし いくらまてど たまごから何かが生まれる様子はありませんでした。

そうと知った 心優しい子ぎつねは ちびうさぎにお手紙を届けます。
そして・・・。


この絵本も 人権月間を意識して読みました。
友達は作ろうとして作るものではなく 自然といつのまにかできるものなんだと。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







スポンサーサイト

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1267-fd95809d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。